コンプライアンスの基本的な考え方

 

正光グループでは、「コンプライアンス=地域社会のご期待を超えること」であり、
「法令遵守」だけではなく、「会社の規則・規程」や「社会の規範」の遵守も含まれると考えています。
正光グループの事業がグローバル化する中、コンプライアンスの重要性が増しています。
さまざまな文化や価値観の中で事業を行うにあたって、必要な情報を収集し、企業市民としての責任を
果たすために、グループコンプライアンス体制の強化をすすめています。

正光グループ行動規範とコンプライアンス体制

正光グループは、社員一人ひとりが倫理観と使命感を持って業務を遂行し、
社会の発展に貢献することを宣言した「行動規範」を制定し
正光グループ全体で企業倫理と順法精神に則った行動の実践に努めています。
また、コンプライアンス研修をさまざまな機会に実施しています。

個人情報の保護

正光グループは、個人情報の適切な取り扱いに努めています。個人情報保護に関する体制・規程を定めた「個人情報保護規程」にもとづき、全社の個人情報保護の推進・チェックを担う「個人情報保護委員会」を設けるとともに、部門ごとに個人情報保護の責任者と担当者を置き、個人情報保護の徹底に向けた体制を整えています。さらに、携帯電話の適切な運用など、日々の活動で注意すべき具体的ルールと、想定される状況を記載したQ&A集を作成し、各種研修会などでこれらの周知徹底を図っています