修三レッド修三レッド

こんにちは、修三レッドです。
広島市の縮景園では、毎年恒例の茶会は中止となりましたが
園内の梅が咲き始め、これから見ごろを迎えるそうですよ。

人総部T女史人総部T女史

こんにちは、Tです。
縮景園の梅林は、広島市最大規模だそうですね。
白やピンク、赤色の花を見ると春の訪れを感じます。
今回は、大竹市でリノベーション工事を行いました。

工事情報

工事内容:リノベーション工事
築年数:35年前後

【工事前】

工事の様子

今回は以前、配管や下地・造作工事を行った

リノベーション工事の続きを行いました。

前回の工事の様子はこちらです。

修三レッド修三レッド

近年「リノベーション」という言葉を耳にする事が増えてきましたよね。
例えば「古民家をリノベーションした建物」と聞くと、お洒落なイメージが湧きますが
それだけでなく、より機能性や価値を上げる工事がリノベーションです。
今のお住まいを建て直したいと思われている方は
新築だけでなく、リノベーションも視野に入れてみるのも良いですね。

人総部T女史人総部T女史

今回は、リノベーション工事の
窓の設置や外装補修の様子について詳しくお伝えします。

リノベーション工事では、設計や間取りを変える事が出来る為、

窓の位置も変更可能です。

日当たりは、最も多くの方が物件を探す際に重視しており、

湿気が溜まりにくくなったり、体内リズムが整いやすくなるなど

健康にも繋がるポイントです。

前回、お伝えした造作工事の際、これから設置する

窓の位置や大きさを考慮したスペースを確保し、枠を設置していきます。

そして、新たな窓を設置していきます。

こちらが外から見た状態です。

窓も種類によって、断熱性や防犯性などに優れたものがあるので

しっかりと比較して検討しましょう。

 

ここまでは主にリノベーションの内装工事について説明してきましたが

このように窓の位置が変わると外壁も補修が必要になるなど、

外装も一緒に補修をするケースがほとんどです。

内装が綺麗になっても、外装が劣化したままだと

雨漏れが発生するなど台無しになってしまいます。

まず、既存の補修できる箇所から作業を進めていきます。

この段階では、内装の施工にも影響を与えない

破風や軒天の塗装を行いました。

外装の中でも小さな箇所ですが、これらが色褪せていると

お住まい全体も老朽化したように見えますし、

雨風や紫外線の影響を受けて劣化が進行し、

屋根や室内の雨漏れに繋がる恐れもあります。

隅々まで塗装をして、頑丈な状態にしていきます。

リノベーションの続きは④以降の記事で詳しくお伝えいたします。

修三レッド修三レッド

お住まいを頑丈に保つ為
どの部分にどのような補修が必要かは、劣化によって異なりますし
しっかりと判断するには専門的な知識が必要です。
まずは専門の業者に見積もりを出してもらいましょう。

人総部T女史人総部T女史

川本監督、ありがとうございました。
リノベーションやリフォームなど、おすまいに