大高下イエロー大高下イエロー

こんにちは、大高下イエローです。
盲導犬は英語で訓練され、指示を出す際も常に英語です。
その為、日本語の「待て」が分からないそうですよ。

寺本園子寺本園子

こんにちは、寺本です。
どうして英語なんですか?

大高下イエロー大高下イエロー

日本語には女言葉や男言葉・方言などがある為
盲導犬が混乱しないように英語が採用されているんだそうです。

寺本園子寺本園子

確かに、人それぞれイントネーションなども違うので
英語の方が分かりやすいのでしょうね。
今回は、大竹市で基礎巾木の補修工事を行いました。

工事情報

工事内容:基礎巾木補修工事
築年数:25年前後

【工事前】

工事の様子

今回は基礎の表面がひび割れ、ポロポロと剥がれ落ちていました。

基礎は屋根や外壁に比べて目立たない部分ですが、

建物の荷重や地震など、外から加えられる力を地面にバランスよく伝え

地盤と建物を繋ぐ役割を果たしています。

また、縁の下の力持ち的存在であり、お住まいを支える非常に大切な箇所です。

その為、経年劣化し破損してしまうと、建物の寿命に大きく影響します。

大高下イエロー大高下イエロー

基礎は直射日光に長年晒され続け、ダメージを受けます。
また、コンクリートには目に見えない小さな穴が
たくさん開いている為、水分を通しやすい性質があります。
コンクリートにひび割れが発生する事で、雨水が侵入しやすくなり
床下の湿気やカビ・シロアリの原因となってしまいます。
ひび割れを見つけたら、一度専門家に相談しましょう。

寺本園子寺本園子

今回は、基礎巾木の補修工事の様子をお伝えします。

 

養生を行い、工事開始です。

まず、劣化して浮きや剥がれが見られた既存の基礎の表面を

専用の工具を使用して取り除きます。

 

次に、接着効果のある「シーラー」を塗布します。

シーラーは「接着する・塞ぐ」を意味する英語の「seal」が語源になった用語です。

シーラーを塗布する事で、仕上げに塗布するモルタルが剥がれにくくなり、密着性が向上します。

 

最後にモルタルを塗布し、仕上げていきます。

ひび割れや剥がれた部分は補強するように塗り

表面を全体的に覆うよう、均一に塗布します。

綺麗に整え、しっかりと乾燥したら工事完了です。

大高下イエロー大高下イエロー

基礎は外壁同様にセルフチェックが簡単に行えます。
しかし、基礎部分の状態を気にされる方が少ないのが現状です。
小さなひび割れでも、次第に拡大していきますので
酷くなる前に対処するよう心掛けましょう。

寺本園子寺本園子

大高下所長、ありがとうございました。
基礎や外壁など、お住まいのリフォームについては弊社にお任せ下さい。