恩返し亀岡恩返し亀岡

こんにちは、亀岡です。
広島駅の新幹線のプラットホームに、ホームドアが設置されたそうですよ。
ホームドアとは、ホームと新幹線のドアを仕切る壁の一部にある
開閉する扉の事です。
転落や接触の危険を防止する為に、現在設置が進められているのですよ。

濱本葉子濱本葉子

こんにちは、濱本です。
東京や大阪など大都市に行った時に見たことがありましたが、
広島駅にも設置されるのですね。
悲しい事故が少なくなる様、設置が広まってほしいですね。
今回は、広島市佐伯区でシステムバス取り替え工事を行いました。

工事情報

工事内容:システムバス取り替え工事
築年数:30年前後

 【工事前】

工事の様子

工事前のお風呂はFRP製の浴槽にタイル製の壁や床でした。

これらの組み合わせは、従来主流であった在来工法の浴室で多く見られます。

FRPとは「繊維強化プラスチック」とも呼ばれ

船や貯水タンクでも使用されている素材であり、軽くて丈夫な事が特徴です。

しかし、どんなに丈夫な素材でも劣化は避けられません。

FRPは表面が塗装されている為、傷や汚れの付着等の劣化が特に目立ちやすいです。

 

タイルは耐久性に優れた素材ですが、タイル同士を埋めている目地材が

劣化によってひび割れやすいという性質があります。

そこから、床下や壁の内部に水が染み渡る事で

水漏れが発生したというケースも少なくありません。

恩返し亀岡恩返し亀岡

近年では、床・壁・天井が一体化している
システムバスへ浴室ごと交換するリフォームが主流となっています。
浴室のリフォームは部分的、全体的なものと
様々ですのでリフォームについては、専門の方へしっかりと相談しましょう。

濱本葉子濱本葉子

今回は、システムバス取り替え工事の様子をお伝えします。

 

撤去の際、廃材を運搬する為に

廊下や玄関が傷ついたりゴミが落ちる可能性があるので、

工事前にシートやテープを使って養生を行い、工事開始です。

今回は、浴室や脱衣所の床下にシロアリ被害が見られたので

浴槽や壁だけでなく、床もまるごと撤去していきます。

全て撤去したら、脱衣所に新たな床を設置してきます。

床束や柱、大引き、根太など床を支える構造体を組み

その上から床板を設置します。

 

続いて浴室の施工に入ります。

給水管や排水管などの配水管を設置し、土間を設置します。

配水は正しく出来ていないと、排水溝が詰まったり漏水する等

トラブルの原因となってしまう為、注意しながら設置します。

 

そして新たな浴室を組み立てていきます。

浴室の床→浴槽→天井→壁の順番で施工を行います。

写真の鉄柱は、浴室の枠です。

システムバスは部屋の中に、更に浴室を組み入れる様につくられます。

脱衣所から浴室を見ると、箱の様になっています。

 

そして浴室内側の換気扇やドア、シャワーなどの水栓金具を取り付けていきます。

浴室施工後、脱衣所の施工を行い工事完了です。

恩返し亀岡恩返し亀岡

システムバスは、工場で造られたパーツを
現場に運んで組み立てて施工する為、在来工法よりも短い期間での施工が可能です。
浴室乾燥機など多種多様なオプションもあるので、
リフォームの際には理想の空間になる様な選択をしましょう。

濱本葉子濱本葉子

亀岡さん、ありがとうございました。
浴室のリフォームやメンテナンスを
お考えの際はお気軽にご相談ください。