*工事前

*工事後

工事名:室内階段手すり取り付け工事
所在地:広島市佐伯区
築年数:33年前後

 

山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

今回は「階段を昇り降りする時に、落ちそうで怖いので
手すりを取り付けてほしい」
とご依頼を頂き、
手すり取り付け工事を行いました。

躓いたり、足を踏み外したりなど

自宅の階段や段差で発生する事故は少なくありません。

高齢者や足腰の不自由な方だけでなく、

普段は難なく階段を昇り降りできる方でも

うっかりと足を滑らせて転落してしまうケースもあります。

山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

日々、安心・安全に暮らす為に
事故に対するリスクは減らしておきたいですよね。

家庭内で発生する事故は年々増えています。

中でも、65歳以上の方の事故は多い傾向にあり

65歳未満と比較すると、階段での事故については

1.5倍も多いというデータがあります。

また、60歳以上の男女を対象に内閣府が行った調査によると、

約3人に1人が今後必要となるリフォームとして

「手すりの設置」を挙げており、多くの方が手すりの必要性を感じています。

 

特に、今回の様な急勾配である階段は

勾配を緩やかにするとなると、大規模な工事が必要になってしまいます。

しかし、手すりを設置したり、踏み面を滑りにくいカーペット素材にするなど

安全性を高める為のリフォーム方法は、手軽なものもたくさんあります。

山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

「両側に手すりを取り付けた事で、
より安心して使えるようになった
」とお喜びの声を頂きました。
今のお住まいで、この先も長く
ご家族が健康に過ごす事が出来るよう、
「バリアフリー」の環境を整えましょう。
手すりなど介護改修について
気になる事などございましたら、お気軽にご連絡ください。