もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

こんにちは、藤崎です。
広島県でも梅雨明けが発表され、長かった梅雨が終わりましたね。
今年は、昨年より1カ月程早く梅雨入りし
18日早い梅雨明けになりました。
これから夏本番なので、熱中症や台風に気を付けましょう。

濱本葉子濱本葉子

こんにちは、濱本です。
既に日差しが強く、気温が高い日もありますので
しっかりと水分補給をしましょう!
今回は、広島市佐伯区で屋根のカバー工法を行いました。

工事情報

工事内容:屋根カバー工法
築年数:23年前後

【工事前】

工事の様子

今回のお住まいでは、スレート屋根材が使用されており

色褪せや苔の発生、ひび割れが見られました。

もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

屋根には、雨風や紫外線から建物を守る役割がありますが
日々ダメージを受けている事で劣化していきます。
劣化状態を放置すると、傷みが拡大し
雨漏りが発生する恐れもあります。

濱本葉子濱本葉子

今回は、屋根のカバー工法の様子をお伝えします。

 

足場を組み、養生をして工事開始です。

まず、既存の屋根材の上にルーフィングを設置します。

ルーフィングとは防水シートです。

屋根材の下には雨水を建物内部へ侵入させない為に

必ずルーフィングが設置されています。

屋根材だけでも雨水の侵入を防ぐ事は可能ですが、

ひび割れなどの劣化箇所から侵入したり、

豪雨や台風などによる大量の雨が

屋根材を潜り抜けて内部へ侵入してしまう恐れもあります。

もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

雨漏りを防ぐ為にとても重要な建築材料です。

 

ルーフィングの設置を終えたら、屋根材を葺いていきます。

今回は「横暖(よこだん)ルーフ」を設置しました。

横暖ルーフとはニチハ独自の金属屋根材で

軽量で地震に強く、1年を通して断熱性能を発揮し

錆にも強い為、沿岸部でも使用する事が可能です。

 

屋根材をしっかりと固定したら工事完了です。

もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

カバー工法では既存の屋根材を撤去・処分しない為、
費用や工期を抑える事ができます。
しかし、既存の屋根が瓦屋根であったり
下地が劣化している場合には
カバー工法を行う事ができない為、注意が必要です。
まずは、下地の状態等をプロに確認してもらい、
お住まいに合った工事を行いましょう。

濱本葉子濱本葉子

藤崎部長、ありがとうございました。
屋根に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。