ハイボール竹本ハイボール竹本

こんにちは、ハイボール竹本です。
今朝はとても寒かったですね。
今シーズン一番の冷え込みだったそうです。
広島県の北部では、氷点下0.7℃を観測した地域もあったそうですよ。

濱本葉子濱本葉子

こんにちは、濱本です。
朝、布団から出るのもひと苦労ですよね。
全国ニュースでは大雪が降る北海道の映像も見ました。
冬の訪れを感じますね。
今回は、広島市佐伯区で木部塗装工事を行いました。

工事情報

工事内容:木部塗装工事・外壁塗装工事
築年数:30年前後

【工事前】

工事の様子

今回は、勝手口付近に設置されている木製の目隠しフェンスが色褪せ、表面に劣化が見られました。

お住まいと木材は切っても切り離せない関係です。

特に日本家屋の多くは木造家屋であり、お住まいの躯体に木材が使用されています。

そういったお住まいの内部だけでなく、素材の質感や温かさから

今回の様なフェンスやテラスのデッキなどでも木材が使用されています。

 

木材は雨水を吸収する性質である為

特に雨風を受けやすい場所に設置されている場合は

腐敗させない様、塗装によるメンテナンスが必要不可欠です。

ハイボール竹本ハイボール竹本

屋根の下に設置されていたとしても
風によって煽りを受けた雨水が吹き付けるなど
劣化を完全に防ぐ事は出来ません。
定期的な補修を忘れない様にしましょう。

濱本葉子濱本葉子

今回は、木部塗装工事の様子をお伝えします。

 

工事開始です。

まずは、木製フェンスを取り外して、塗装がしやすい箇所に移動させます。

今回は、スペースに余裕がある敷地内で施工を行いました。

塀に立て掛ける様に作業を行いますが、

塀への塗料の付着を防ぐ為に、予めシートで覆うなど養生を行って作業を進めます。

 

ケレン掛けなどによって汚れを落とし、下地を調整し終えたら塗装を行います。

防腐・防カビ・防虫効果のある「キシラデコール」を塗布していきます。

キシラデコールは木目を生かした仕上がりになる為、素材の温かさが活かされますし

発売されてから45年と多くの採用実績のある塗料です。

ローラーや刷毛を使用して、細かな箇所まで塗布していきます。

 

また今回は窓サッシ周辺や軒天など、様々な木部の塗装も行いました。

塗装工事の際には、足場や保護シートを設置して作業を行う為

一度の工事で複数の箇所の施工を行うと、コストの削減や工期を短くする事ができます。

 

ハイボール竹本ハイボール竹本

木は塗料によって長持ちさせる事ができます。
塗装の目安は一般的に約3~5年と言われています。
綺麗に長持ちさせる為にも、定期的なメンテナンスを行いましょう。

濱本葉子濱本葉子

竹本所長、ありがとうございました。
お住まいの色褪せや塗装について気になる点がございましたら
お気軽にご連絡ください。