大高下イエロー大高下イエロー

こんにちは、大高下イエローです。
スピード違反をした車を、自動で検知する速度違反自動取締装置「オービス」は
運転手とナンバープレートを瞬時に撮影し、記録する事で取締りを強化しています。
全国に500機以上も設置されており、設置場所の手前には「自動速度取締機設置区間」
などのようにオービスが設置されていることを警告する看板があります。
一般的なスピード違反の取締りは抜き打ちで行われますが
何故わざわざ警告看板を設置しているのかご存知ですか?

濱本葉子濱本葉子

こんにちは、濱本です。
例えスピード違反の容疑者であっても、勝手に写真を撮影する事は
プライバシー権の侵害になる可能性があり、
法律違反になる事を防止する為だと聞いたことがあります。
また、警告看板を見て走行速度を低下させ、
制限速度を守らせる目的もあるそうです。
1人1人が制限速度を守り、安全運転を心掛ける事で事故が無くなると良いですね。
今回は、広島市佐伯区で洗面所のフロア追い貼り工事を行いました。

工事情報

工事内容:浴室床解消工事・洗面所床追い貼り工事
築年数:25年前後

【工事前】

工事の様子

今回は洗面所と浴室にそれぞれ段差があり、

転倒すると危険なので段差を解消したいとご依頼を頂きました。

お住まいの中には、意外と多くの障害物があり

床のわずかな段差でも転倒する危険性はあります。

老若男女問わず、筋力の低下や歩行障害・視力の衰えなど

様々な要因が重ると体のバランスを保ちにくくなります。

 

また、今回のお住まいのフロアには細かい傷や擦れなどがあり

経年劣化により色褪せも生じていました。

洗面所のフロアなどは水を多く使う為、湿気が溜まりやすく

フロア材の腐食や床下の腐食にも繋がりやすいです。

大高下イエロー大高下イエロー

室内での転倒事故は多く発生しています。
足を踏み外しやすい階段や玄関・浴室などでは、重傷を負う可能性もある為
転倒の恐れがある場所には、早急に対策をしましょう。

濱本葉子濱本葉子

今回は、洗面所のフロアの追い貼り工事の様子をお伝えします。

 

施工を行う前に、既存の家具や家電を他の部屋に移動させ

周辺に汚れや傷を付けないよう、養生を行い工事開始です。

今回は、既存の床材の上から新たな床材を貼る

追い貼り」という工法で施工しました。

追い貼りする事で段差を低くする事ができます。

まず、床を掃除し、ゴミや埃を取り除きます。

ゴミや埃が残ったまま新しいフロア材を貼ると

接着力が弱くなり、綺麗な仕上がりになりません。

 

床表面を綺麗に清掃した後、新しいフロア材を貼り付けていきます。

今回は丸玉木材「ニドムエコ」を使用しました。

生活傷や汚れに強く、お手入れが簡単なフロア材です。

新しいフロア材に専用の接着剤を付けて貼っていきます。

貼り付ける際には長さや幅・向きなどの寸法を測って

ズレがないように貼り合わせて固定し、仕上げていきます。

浴室のドアの縁には、室内用の段差解消スロープを設置し、工事完了です。

 

段差が大きいと、下地に合板を貼って高さを調整し

その上からフロア材を貼るケースもあります。

大高下イエロー大高下イエロー

追い貼りは既存のフロアを剥がす必要がない為
解体費や処分費がかからず、リフォーム費用も軽減できます。
また、フロア材が二重になる事で防音効果も期待できます。

濱本葉子濱本葉子

大高下所長、ありがとうございました。
内装のリフォームについては弊社へお任せください。