クリクリ笹木クリクリ笹木

こんにちは、笹木です。
本日7月7日は「乾麺デー」なんですよ。
ご存知でしたか?

山根夕佳山根夕佳

こんにちは、山根です。
乾麵デーとは初めて聞きました。
なぜ今日なのですか?

クリクリ笹木クリクリ笹木

七夕の日に、天の川に見立てて
そうめんを食べる風習があった事が由来だそうです。

山根夕佳山根夕佳

小学生の頃の給食などでも
星形のオクラが入ったそうめんが出されていましたね。
今晩のメニューはちらし寿司とそうめんで決まりです。
先日、お客様から「屋根の白い部分が黒く汚れているから、一度見に来て頂けませんか?」
とご連絡を頂き、広島市南区でひび割れた漆喰の修理診断を行いました。

拝見したところ、屋根の漆喰にひび割れや苔の発生など

劣化が見られました。

漆喰とは、瓦屋根の一番上にある

の土台を守る為に使用されている白い建材です。

瓦同士の隙間を埋める接着剤の様な役割もあり、

雨や小動物が屋根裏に侵入するのを防ぐ役割もあります。

 

漆喰には調湿機能があり、水分を吸収・放出しています。

最初は柔らかい漆喰も、年月が経つにつれて硬くなり

ひび割れが発生したり、土台である葺き土から剥がれてしまう事があります。

 

屋根漆喰の耐用年数は約20年と言われています。

漆喰は、紫外線・雨風・温度変化といった自然災害に

日々晒される事でダメージを受け続けています。

また、台風・地震によって、建物や瓦が揺れ動く事で

漆喰が押し出されて剥がれ落ちてしまう事もあります。

更に、水分を吸収する性質がありますが

過剰な量を吸収すると、カビ・苔の繁殖に繋がってしまいます。

 

また、棟が動いた場合、バランスよく並べてある瓦に

ズレが生じて瓦同士に隙間ができる為、

水分が侵入し、雨漏れが起こる恐れがあります。

瓦の内部には防水シートが施工されていますが、

継続的に水分が侵入する事で、劣化を早めて

雨漏れを防ぐ事が出来なくなってしまいます。

クリクリ笹木クリクリ笹木

漆喰のひび割れ・剥がれ等、軽症な内に劣化に気付けるよう
定期的にメンテナンスを行いましょう。

山根夕佳山根夕佳

笹木監督、ありがとうございました。
屋根についてのお悩みは弊社へお任せください。