三分オレンジ三分オレンジ

こんにちは、三分オレンジです。
フィギュアスケートで競技者が着る華やかな衣装には
かなり細かいルールがあり、規定違反していると
競技中の転倒と同じく、1点の減点がされるそうですよ。

人総部T女史人総部T女史

こんにちは、Tです。
フィギュアスケートの衣装に規定があるとは驚きです!

三分オレンジ三分オレンジ

過度に肌を露出したものは品位を損なうとして禁止され、
男性のタイツ着用は認められず、ズボンの着用が必須だそうです。
また、アクセサリーや仮面など小道具の使用や、
衣装の一部であっても電飾は禁止されています。
装飾は氷上に落ちてはならない事なども明記されているそうで
以前、ある選手の腕部分に付いた羽根が
スピンした時に1枚落ちて減点になった事もあるんですよ。

人総部T女史人総部T女史

そのような厳しいルールがあるとは思えないほど、
衣装は華やかで美しいですよね。
フィギュアスケートを見る時は、演技だけでなく
より衣装にも注目したいと思います。
今回は、広島市安佐北区でクロスの貼り替え工事を行いました。

工事情報

工事内容:クロス貼り替え工事
築年数:25年前後

【工事前】

工事の様子

今回は、壁や天井にシミや色褪せが目立っていました。

また、劣化によってクロスが浮いている箇所も見られました。

一見綺麗に見えるクロスでも、たばこのヤニや手垢などが付着しており

放置すると黒ずみやカビの発生に繋がります。

三分オレンジ三分オレンジ

部屋の大部分を占めるクロスは、部屋全体のイメージを左右し
デザインによって室内の印象が大きく変わります。
新築時から貼り替えていないお住まいも多いですが、
年々色褪せや黄ばみが目立つようになります。
劣化が気になり始めたら、クロスの貼り替え時期です。

人総部T女史人総部T女史

今回は、クロスの貼り替え工事の様子をお伝えします。

 

家具や家電を移動させ、シートで養生をして工事開始です。

まず、既存のクロスを剥がします。

クロスを剥がす際は、下地を傷つけないように

ゆっくりと丁寧に剥がしていきます。

 

クロスを剥がし終えたら、下地の補修を行います。

下地補修として、パテ処理を行います。

パテ処理とは、クロスを剥がした際に傷ついて凹凸になった箇所や

段差を埋めて平滑にする作業で、

「パテ」という粘土のような充填材を塗布していきます。

クロスは非常に薄い素材で、下地に繋ぎ目や段差が残ったままでは

凹凸のある仕上がりになり、美しい見た目になりません。

また、気泡が入ると強度が保てず

クロス自体がすぐに剥がれたり破れたりしてしまいます。

 

最後に、クロスを貼っていきます。

クロスを少し引っ張りながら専用のブラシなどで空気を抜いて

シワにならないように貼り付けて仕上げていきます。

天井から貼っていき、壁も同様に行います。

端までしっかりと貼り付け、余った部分はカットして

浮きや剥がれがない事を確認し、工事完了です。

三分オレンジ三分オレンジ

クロスは徐々に劣化する為、永久的に美しい状態を保つことはできません。
貼り替える事で黄ばみや汚れもなくなり、
お部屋の雰囲気も明るくなります。

人総部T女史人総部T女史

三分さん、ありがとうございました。
内装リフォームについては弊社へお任せください。