恩返し亀岡恩返し亀岡

こんにちは、恩返し亀岡です。
昔からスーパーやコンビニでお馴染みの「カップ焼きそば」は、
内側がツルツルで外はザラザラの容器になっていますよね。
焼きそばは、内側をツルツルした素材にする事で、
より滑りやすく麺とソースが混ざりやすくなっています。
また、外側もツルツルであると、お湯を捨てる時に誤って手を滑らせて
火傷に繋がる危険性があるので
滑り止めの為に、外側はザラザラしているのだそうですよ。

寺本園子寺本園子

こんにちは、寺本です。
これまで、カップ焼きそばの材質を気にした事がありませんでしたが、
そのようなこだわりがあったのですね。
今度食べる時には、よく見てみたいと思います。
今回は、広島市安佐北区でフロア追い貼り工事を行いました。

工事情報

工事内容:フロア追い貼り工事
築年数:15年前後

【工事前】

工事の様子

今回は廊下の床が色褪せ、シミができている箇所もありました。

今回の様なフロア材は、主に木材が使用されています。

日当たりの良い部屋では、日差しを浴びる事で

次第に色褪せや乾燥が現れます。

また、どうしても避けられないのが、生活の中で付く細かい傷や水分です。

恩返し亀岡恩返し亀岡

床の傷やシミは、生活に大きく支障を与える事はありません。
しかし、傷は1度付くと自然に元通りにはなりませんし、
シミも拭き掃除で取り除く事が出来ないケースもあります。
劣化に気付いたら、なるべく早く補修しましょう。

寺本園子寺本園子

今回は、フロアの追い貼り工事の様子をお伝えします。

 

移動できる家具や荷物などは別室に移動させ、

施工周辺に養生を行い、工事開始です。

まずは掃除を行いゴミや埃を綺麗に取り除きます。

残っていると、新しいフロア材が綺麗に付着せず

施工不良に繋がる為、丁寧に行います。

 

次に、フローリングの貼り付け作業を行ないます。

貼り付けを行う際は、フローリング材の枚数や長さ・幅の寸法を

しっかりと測定し、無駄がないように寸法に合わせて切断します。

並び方もしっかりと計画し、調整しながら貼り合わせていくことが大切です。

 

専用の接着剤を床に付けて、既存の床板を上から貼り付けます。

今回はカラーバリエーションが豊富な

丸玉木材「ニドムエコ」を使用しました。

「ニドムエコ」は生活キズに強く、お手入れが簡単なのが特徴です。

幅や長さが合わず、ズレてしまうと段差ができてしまう為

隙間を作らないように貼り付けます。

部屋の長い面に沿って施工する事で、

部屋を広く見せる効果があります。

 

表面に接着剤などが付着していないか確認し、

綺麗に掃除したら工事完了です。

 

恩返し亀岡恩返し亀岡

今回は、同じ色見の木材系のフロア材で施工しましたが
これまでとは違う色にしたり、例えばカーペット等
別の素材にする事も出来ます。
印象や使用感も大きく変わるので、用途や使用する方の好みに合った
フロア材にするのも良いですね。

寺本園子寺本園子

亀岡さん、ありがとうございました。
内装リフォームに関する事は、些細なことでもお気軽にご連絡ください。