グレイト石川グレイト石川

こんにちは、グレイト石川です。
広島空港では、触れずに操作できるチェックイン機が導入されたそうです。
不特定多数の方が搭乗手続きの際に使用するので
感染対策に繋がると良いですね。

小田佳奈小田佳奈

こんにちは、小田です。
銀行のATMなどタッチパネル式のものは
コロナ禍では、触るのに躊躇してしまう事もありますよね。
触れずに操作できる機械が広まってほしいですね。
今回は、広島市安佐南区でスレート屋根塗装工事を行いました。

工事情報

工事内容:スレート屋根塗装工事
築年数:20年前後

【工事前】

工事の様子

今回のお住まいの屋根材には「スレート」が使用されていました。

スレートは、別名で「カラーベスト」や「コロニアル」とも呼ばれており、

軽量さや、修理費・施工費が瓦屋根と比べて安価である事などから

日本の住宅の屋根材として、最も多く普及しています。

表面に塗装が施されている為、定期的な塗り替えが必要になります。

経年劣化によって塗料が落ちる事で、外観が悪くなるだけでなく

屋根材が水分を吸収し、耐久性が低下してしまいます。

グレイト石川グレイト石川

脆くなった下地はひび割れや欠けに繋がり、
雨漏れの要因になる恐れもあります。
約10年に1度を目安に塗り替え、屋根の重症化を防ぎましょう。

小田佳奈小田佳奈

今回は、スレート屋根塗装工事の様子をお伝えします。

 

2階建ての住宅の屋根は、約6~9メートル程あります。

職人が安全且つ効率よく作業を進められるよう足場を設置します。

また、周辺に塗料や水分が飛散し、付着しないように

飛散防止ネットや養生を施し、工事開始です。

飛散防止ネットには、工事中のお住まいを目隠しする役割もあります。

 

まずは、屋根の表面に付着している汚れを落としていきます。

屋根には劣化して浮いた塗膜だけでなく、

塵や埃、また水分が溜まりやすい部分には苔やカビが発生している事もあります。

これらは、上から塗装をすると見えなくはなりますが、

落としていなければ、塗料と下地の密着力を弱め

塗料の耐用年数の低下をもたらします。

高圧洗浄機の強い水圧を利用してしっかりと落としていきます。

また、高圧洗浄機で落としきれなかった汚れや棟板金などには、

ケレン掛けをして丁寧に落とします。

 

汚れを落とした後は、屋根材同士の隙間にタスペーサーを取り付けます。

タスペーサーを取り付ける事で、雨水が屋根の下に入り込んだ際

溜まらず外に排出できる隙間を確保できるので、雨漏れの防止に繋がります。

そして、塗装の工程に移ります。

最初に行う塗装を下塗りといい、

アレスダイナミックシーラーマイルド」を使用して行います。

脆くなった下地を内側から補強し、しっかりと表面を保護する事で

下地と仕上げの塗料の密着力を向上させます。

この後、仕上げの塗装などを行いますが、その様子は②で詳しくお伝えします。

 

グレイト石川グレイト石川

屋根は台風や大雨、紫外線からお住まいを守る大切な部分です。
しかし、ご自宅の屋根が今、どのような状況になっているか
全く分からないという方は多くいらっしゃいます。
まずは専門家による診断を受け、屋根の状態を把握しましょう。

小田佳奈小田佳奈

石川監督、ありがとうございました。
屋根のメンテナンスでお困りの方は
お気軽にお問い合わせください。