*工事前

*床下地施工後

工事名:床張り替え工事
所在地:広島市東区
築年数:32年前後

 

寺本園子寺本園子

今回は「床を踏むとフカフカと柔らかい所があるので
一度診断してほしい」とご連絡を頂き、床の張り替え工事を行いました。

床がフカフカと柔らかくなる原因は複数考えられます。

軽症なものであると、畳やフロア材の劣化です。

この場合は、畳を補修や新しい物に交換したり、

フロア材を貼り替えるだけで元通りになります。

重症なものあると、床を支えている木材の劣化です。

床は、土台から束石・床束・大引・根太の

主に4つの下地から構成されています。

これらは、新しい木材で張り替える必要があり、

廃材も多く出るなど大規模な工事が必要になります。

 

今回は診断したところ、工事前の写真のように

床下の木材が湿気を含んで耐久性が低下していた為、

既存の下地を全て撤去し、新しく張り替えました。

寺本園子寺本園子

また、床下に湿気が籠りやすい環境でもあった為
調湿木炭を敷き込みました。

木炭には、吸放湿する効果があり

古くから調湿材として使用されています。

同じ気温でも湿度が低いと体感温度が下がるので

床下から湿気を下げる事で、夏でもカラッと爽やかに過ごす事が出来ます。

また、湿気を抑える事で結果的にシロアリやカビの予防にもなります。

寺本園子寺本園子

「連絡してからスピーディーに対応して頂きました。
床を張り替えるだけでなく、木炭も敷いた方が良いと
専門的なアドバイスも頂いて安心しました。」
とお喜びの声を頂きました。
あなたの理想の住空間をつくります。
お気軽にお問い合わせください。