グレイト石川グレイト石川

こんにちは、グレイト石川です。
日に日に冷え込みが強くなってきていますが、
広島県北部を走る中国自動車道では、雪氷作業体の出動式が行われたそうです。
いよいよ冬本番が近づいてきたように思いますね。

小田佳奈小田佳奈

こんにちは、小田です。
今年の冬はエルニーニョ現象が起きていることから
しっかり雪が降る予想がされています。
冬用タイヤに交換するなど、備えが必要ですね。
今回は、広島市東区で瓦屋根葺き替え工事を行いました。

工事情報

工事内容:瓦屋根葺き替え工事
築年数:45年前後

【工事前】

工事の様子

今回は写真からも分かる様に、綺麗に整列されているはずの屋根瓦が広い範囲で歪んでいました。

これは、屋根を支えている土台が劣化しているサインであり、

かなり重症で、雨漏れしていてもおかしくない状態でした。

最悪の場合、瓦や屋根材が天井を突き破って陥没する恐れもあります。

グレイト石川グレイト石川

普段、当然のものにはなっていますが
屋根が無ければ雨風など自然災害から身を守れず、
お住まい全体が機能を果たせなくなります。
住空間を守る為にも、屋根の劣化は早めの補修を心掛けましょう。

小田佳奈小田佳奈

今回は、瓦屋根葺き替え工事の様子をお伝えします。

 

仮設足場を設置し、養生を行い工事開始です。

今回のお住まいでは、土葺き工法といい

大量の土を使用して瓦を止めていた為、瓦と一緒に土を下していきます。

こちらが下地の状態です。

写真から分かる様に激しく劣化している箇所もありました。

大きく欠けている箇所や脆くなっている箇所には補修を施し

上からコンパネルーフィングを設置します。

コンパネは野地板と同じ働きをしますが、

コンパネの方が小さく、施工のしやすさや耐久性の高さから

現代では下地材として主流になっています。

また、ルーフィングは防水紙の事であり

瓦が劣化して雨水が入り込んだとしても

ルーフィングによって弾かれ、屋根の外へ排出されます。

瓦屋根以外にも使用されており、屋根の機能性を保つ為に重要な素材です。

 

ルーフィングを設置後、上から桟木を設置し、

桟木に引っ掛けるように新たな瓦を設置していきます。

最後に、棟を積み上げて仕上げていきます。

 

瓦屋根は「メンテナンスフリー」と言われる事もあります。

和瓦が陶器製なので耐久性がとても高く、100年以上持つと言われている事が由来と考えられます。

しかし、棟に使用されている漆喰や、瓦を支える多くの下地材は瓦ほどの耐用年数はありません。

約20年に1度の定期的なメンテナンスは必要不可欠です。

グレイト石川グレイト石川

更に近年は、未曾有の豪雨災害や大地震など
これまでの常識が覆される様な自然災害によるダメージも受けています。
大切なお住まいを守るためにも、定期的に専門の方に見てもらいましょう。

小田佳奈小田佳奈

石川監督、ありがとうございました。
屋根のメンテナンスについては、弊社へお任せください。