植松綾乃植松綾乃

こんにちは、植松です。
先日11月5日は「津波防災の日」という事で
広島県内の学校など1,173団体で防災訓練が行われたそうです。
南海トラフ地震が発生したら、海田町では震度6弱が想定されており
海に面している為、津波警報が発令された際に簱で知らせる方法も兼ねた訓練が
小学校で行われたそうですよ。

山根夕佳山根夕佳

こんにちは、山根です。
南海トラフは死者32万超が予想されている程、巨大地震であり
太平洋に面していない広島でも備えが必要です。
訓練をしておく事で、いざという時すぐに正しい行動が出来るようにしましょう。
今回は、広島市西区で階段補修取付工事を行いました。

工事情報

工事内容:階段補修工事
築年数:18年前後

【工事前】

工事の様子

今回のような2階に玄関があるお住まいでは、出入りする為に階段の上り下りが必要です。

毎日必ず使用する為、小さな不便さでも積み重なるとストレスに繋がりますよね。

今回はお客様から、もう一段あると楽になるとご要望があり、踏み台を設置しました。

植松綾乃植松綾乃

特に階段は躓くと怪我に繋がる恐れがあるので
不便さを感じられていたら、一度リフォームの専門の方に相談してみましょう。

山根夕佳山根夕佳

今回は、階段補修工事の様子をお伝えします。

 

周辺にシートで養生を行い、工事開始です。

まずは新たに設置する踏み台の形を想定し、テープで印をします。

この際に使用するテープは、踏み台を設置しない箇所にモルタルが付着しないよう

養生としての機能も果たしています。

 

踏み台の材料はモルタルです。

モルタルとは、コンクリートを原料として水と砂を混ぜたもので

コンクリートと比較して強度は劣りますが柔軟性が高く、

外壁の下地だけでなく、ブロック塀やレンガの接着剤など

お住まいの幅広い箇所で使用されています。

接着材の用途で薄く刷毛を使用して塗った後、泥状に練ったモルタルで形を作っていきます。

必要な高さまで形成させたら表面を平に均し、しっかりと乾燥させます。

頑丈と言える固さになるまで数日要する場合もあります。

梅雨の時期よりは、今の様な空気が乾燥している時期の方がおすすめです。

 

乾燥したモルタルに接着剤を塗って、

他の踏み面と同じノンスリップシートを貼り付けます。

ノンスリップシートとは外階段や浴室等、

水に濡れやすい場所に主に使われているシート状床材です。

滑り止め機能のある鼻先を設置して仕上げていきます。

 

植松綾乃植松綾乃

今回は、手すりの設置も一緒に行いました。
ご家族にご高齢の方がいらっしゃる場合は
介護など、この先のライフプランを考えたリフォームをしましょう。

山根夕佳山根夕佳

植松さん、ありがとうございました。
内装だけでなく、外装や外構など
お住まいの事なら何でもお気軽にご連絡ください。