阿部でございます阿部でございます

こんにちは、阿部でございます。
白い歯を保つために夕食後の歯磨きは欠かせませんが、
寝る前にすると目が覚めてしまいませんか? 
人が眠くなる時には、メラトニンという睡眠ホルモンが出ますが
歯磨きや冷たい水による強い刺激を受ける事で
分泌が悪くなり眠気が飛んでしまうのです。
歯磨きは寝る1時間ほど余裕をもった時間に行う事をお薦めします。

山根夕佳山根夕佳

こんにちは、山根です。
そういえば、寝る前に歯磨きする事も多かったです。
今度からは余裕をもって歯磨きしたいと思います。
今回は、廿日市市で天井の張り替え工事を行いました。

工事情報

工事内容:天井張り替え工事
築年数:30年前後

【工事前】

工事の様子

今回は天井のあちらこちらにシミが出来ている状態でした。

天井にシミができる原因は様々あり、主な原因のひとつは雨漏りです。

屋根や外壁などが破損すると、雨の日にその隙間から雨水が侵入し

屋根裏を通って室内に染み出て天井が湿り、雨が上がった後もシミになって残ります。

他にも、屋根裏や天井裏に入り込んだネズミやコウモリなどの害獣が排出した糞尿の汚れや、

冬に発生しやすい結露によって天井が濡れた状態が続く事が原因として挙げられます。

 

できる場所や起こる現象は似ていますが、状況によって何が原因のシミか見分けることが出来ます。

雨が降った時や翌日以降にできたり、ポタポタと水が落ちる音がする場合は雨漏りのサインです。

シミに色や悪臭がある、天井から何か移動する物音がする場合は害獣、

天井や壁の一面といった広い範囲に広がっている場合は結露が考えられます。

阿部でございます阿部でございます

これらの症状に心当たりがある場合は専門家に相談しましょう。

山根夕佳山根夕佳

今回は、天井の張り替え工事の様子をお伝えします。

 

室内にある家具や電気製品を別の場所に移動させ

埃や傷を付けない様、窓や襖にはビニールシートやテープで養生をし、工事開始です。

 

まず、既存の天井板を解体・撤去していきます。

解体・撤去後は天井裏部分や吊木部分などに痛みがないか確認し

必要に応じて補修作業を行ないます。

また、天井裏には各部屋のスイッチやコンセントなどの電気配線や

照明配線が壁を上がり、天井裏へ回って張り巡らされています。

ここに多くの雨水が入り込めば漏電の危険性が非常に高い為、注意が必要です。

 

次に新たな天井板を貼っていきます。

天井板を貼る方法にはいくつかの種類があります。

格縁(ごうぶち)を用いて格子を作り格子の間に板を貼る方法を

「格(ごう)天井」といい、伝統的な天井様式で

日本だけでなく中国や台湾などでも多く見られます。

竿縁(さおぶち)という木を天井板の上から打ち付けている方法を

「竿縁天井」といい日本家屋に多く使われている工法です。

野淵(のぶち)と呼ばれる棒状の下地を組み板を貼る

洋室に使われる事が多い工法を「打ち上げ天井」といいます。

今回は打ち上げ天井の一種で、板同士を隙間を空けながら貼る「目透かし天井」で施工しました。

一般的な住宅に多く見られる工法です。

どの貼り方を選ぶかによって見た目の印象が大きく変わりますので、用途に応じて選ぶ事が大切です。

ズレないように1枚1枚丁寧に貼り合わせて仕上げていきます。

 

阿部でございます阿部でございます

天井のシミが出来ているという事は
天井が濡れ、湿度が高くなってカビが発生しやすくなります。
カビは見た目が悪くなるだけでなく繁殖し、菌をまき散らして
アレルギーや疾患などの健康被害を引き起こす可能性があり ます。
また、シミを放置する事でシロアリが発生し
家の柱を食い荒し最悪の場合崩壊する危険性もあります。
大切なお住まいを守るためにも定期的なメンテナンスを心掛けましょう。

山根夕佳山根夕佳

阿部さん、ありがとうございました。
屋根や内装に関するお悩み事はお気軽にご相談下さい。