*工事前

*工事後

工事名:屋根カバー工法
所在地:廿日市市
築年数:25年前後

 

人総部T女史人総部T女史

今回は「先日、屋根から雨漏れがしたので修理してほしい」
とご依頼を頂き、屋根カバー工法工事を行いました。

屋根に上って診断をしたところ、表面にたくさん苔が発生し

屋根材にひび割れや欠けも見られました。

苔や汚れを落として表面を塗装したとしても、

屋根材自体の耐久性が回復しないほど、劣化していた為

今回は、屋根カバー工法による工事を行いました。

人総部T女史人総部T女史

屋根カバー工法とは、重ね葺きとも言われます。
既存の屋根材や下地を解体・撤去した後に
新しい屋根を新設する「葺き替え工事」とは異なり、
既存の屋根の上から、新しい下地と屋根材を設置する工法です。

葺き替え工事よりも解体・撤去の工程や

廃材が少ない為、コストを抑える事が出来ます。

しかし、以下のような場合は、カバー工法は行えません。

既存の屋根が瓦屋根の場合
 そもそも瓦屋根は重量がある為、
 さらに荷重を加えるカバー工法は適していません。

下地の劣化が激しい場合
 カバー工法では、新しい屋根材などを釘やネジ等で固定させる為
 野地板などが重症化している場合は、固定できなくなってしまいます。

また、新しく設置する屋根材も

軽量なスレートか金属屋根を使用するのが一般的であり、

希望する屋根材が使用できない場合もあります。

人総部T女史人総部T女史

「担当の方に、工事について詳しく説明してもらって
とても信頼できましたし、屋根も綺麗になって嬉しい」
とお喜びの声を頂きました。
屋根を新しくしたいとお考えの場合は、
まずはお気軽にご相談ください。
お住まいに最適な施工方法をご提案させていただきます。