恩返し亀岡恩返し亀岡

こんにちは、亀岡です。
朝夕は冬の始まりを感じる様な寒さですよね。
首元を温めると体感温度が上がると言われているので
厚着をするのは勿論、マフラーをするのも良いですね。

人総部T女史人総部T女史

こんにちは、Tです。
毎年寒い時期になると、マフラーの大切さを実感しますよね。
冷えを防止して体調を整えましょうね。
今回は、廿日市市で床下のモルタル補修・調湿木炭敷込工事を行いました。

工事情報

工事内容:床下補修工事
築年数:30年前後

【工事前】

工事の様子

今回は、床下のシロアリ被害について気になるから見てほしいと

お客様からご依頼を頂き、確認したところ

木材だけでなく、写真の通り基礎巾木にも大きなひび割れが生じていました。

 

基礎巾木はコンクリートやモルタル素材であり、セメントに水や砂を混ぜたものが原料です。

施工の工程で乾燥させる際に収縮する為、ひび割れが発生し

中には、大きなひび割れが発生する事もあり、構造に影響を及ぼします。

また、地震や地盤沈下によって生じたひび割れは

建物への負担も大きく、大問題に繋がる恐れもあります。

恩返し亀岡恩返し亀岡

基礎巾木は建物の外側からでも劣化が確認できますが、
床下はなかなか見る事がないので、
定期的に専門の方に見てもらい、劣化を早期発見しましょう。

人総部T女史人総部T女史

今回は、床下補修工事の様子をお伝えします。

 

床下の入り口周辺にシートなどで養生を行い、工事開始です。

床下を支えている木部に調湿性や防虫性のある塗料を施した後、

基礎の施工に取り掛かります。

まずはひび割れして浮いた表面を剥がし落としていきます。

この様にひび割れを中心として、広い範囲で表面が劣化していました。

全て綺麗に落とした後、接着剤の役割があるシーラーを塗り

モルタルを塗布して欠けた部分を補います。

基礎巾木と同じ材料で補う事で、機能性が回復します。

 

また今回のお住まいでは、床下に湿気が溜まりやすい環境であったので

お客様のご依頼から床下に調湿木炭を設置しました。

写真の通り、全体に敷き詰めていきます。

木炭は古くから調湿材として使用されています。

湿度を調節して、カビや結露による木材の腐敗を防止する事で、

結果的にシロアリなどの害虫が生きにくい環境を作る事ができます。

また、自然素材なので人体や環境に優しいというメリットもあります

 

恩返し亀岡恩返し亀岡

床下は、普段の生活の中で劣化の発生・進行が目に見えないので
気付いた時には重症化しているケースも多く、
大規模な工事が必要になったというケースも少なくありません。
劣化を実感していなくても、約5年に1度の診断が必要です。
定期的に専門の方に見てもらいましょう。

人総部T女史人総部T女史

亀岡さん、ありがとうございました。
床下について気になる事などございましたら、
弊社へご相談ください。