クリクリ笹木クリクリ笹木

こんにちは、クリクリ笹木です。
回転寿司は、日本人に右利きが多い事から
お皿を取りやすいように右回りになっているそうです。
子供の頃は回転寿司に行く事が嬉しかったですよね。

瀧本紗也香瀧本紗也香

こんにちは、瀧本です。
日本人に合わせた小さな気遣いや工夫が凝らしてあるのですね。
今回は、廿日市市で棟の積み替え工事を行いました。

工事情報

工事内容:棟積み替え工事
築年数:30年前後

【工事前】

工事の様子

今回は、瓦屋根の棟にズレや歪みが生じていました。

棟の歪みは放置すると悪化し、崩れてしまったり

瓦の落下や雨漏りを引き起こす原因となる恐れがあります。

クリクリ笹木クリクリ笹木

今回は、棟に歪みはあったものの
瓦が落下するなどの被害は無く、二次被害には繋がっていませんでした。
早めの補修を心掛けましょう。

瀧本紗也香瀧本紗也香

今回は、棟の積み替え工事の様子をお伝えします。

 

養生を行い、工事開始です。

まずは既存の棟を撤去します。

漆喰や葺き土が残らないように全て撤去します。

写真の通り、細かな瓦や葺き土など撤去の際に散らばってしまいます。

1つにまとめて屋根から下ろします。

 

次に、ルーフィングと呼ばれる防水シートを設置し、

シルガードで土台を作り、のし瓦を積みます。

シルガードとは、屋根瓦専用の南蛮漆喰の事を言います。

瀧本紗也香瀧本紗也香

通常の漆喰とは何が違うのですか?

クリクリ笹木クリクリ笹木

漆喰に防水性や強度が高くなるようシリコンが含まれたもので
通常の漆喰に比べ、耐久性に優れています。

シリコンなどの防水材が含まれている事で

雨水の侵入もブロックし、長期にわたって雨漏りの発生を防ぐ事ができます。

この作業を繰り返して数段積み重ね、最後に半円状の冠瓦をのせます。

最後に地震等などで崩れないように同線で瓦を固定して仕上げていきます。

 

屋根は、雨が降った際に水が溜まらないように作られていますが

棟は雨や風による被害を受けやすく、瓦がズレてしまう事で

雨漏りが生じやすい箇所になっています。

その為、定期的な診断で状態を確認する事が大切です。

クリクリ笹木クリクリ笹木

近年では、強力棟と呼ばれるのし瓦を使用しない施工が注目されています。
従来の瓦を積み重ねる施工に比べるとシンプルではありますが
耐震性にも優れた施工方法です。

瀧本紗也香瀧本紗也香

笹木監督、ありがとうございました。
お住まいに合った施工方法を専門家と相談し、安心できるお住まいを作りましょう。
屋根についてお困り事などありましたら、弊社へご相談ください。