本田ブルー本田ブルー

こんにちは、本田ブルーです。
福山市ではクワイの出荷が始まったそうです。
なんとクワイの出産量日本一は福山市だそうですよ。

濱本葉子濱本葉子

こんにちは、濱本です。
クワイはおせちくらいでしかなかなか食べませんが、
芽が出ている事から、縁起が良いとも言われていますよね。
年末年始に食べるのが楽しみですね。
今回は、廿日市市で玄関タイル補修工事を行いました。

工事情報

工事内容:玄関タイル補修工事
築年数:30年前後

【工事前】

工事の様子

今回は玄関アプローチ部分にタイルが使用されていました。

タイルは水捌けに優れているので、玄関だけでなく

お風呂やキッチン等の水廻りにも使用されている素材です。

 

タイルは陶磁器製なので頑丈ですが、密着性を高める為に隙間に

使用されている目地材はタイルに比べて耐久性が劣ります。

タイルがいくら頑丈でも、目地材の劣化によってタイルが剥がれ落ち

使いづらくなってしまうケースもあります。

本田ブルー本田ブルー

お家に帰った時は安心して気持ちも緩みますよね。
そんな時に、剥がれて浮いたタイルに躓いてケガに繋がるケースも考えられます。
安心して過ごせるよう、毎日使用する箇所は特に
早めの補修を心掛けましょう。

濱本葉子濱本葉子

今回は、玄関タイル補修工事の様子をお伝えします。

 

周辺にシートで養生をして、工事開始です。

まずは既設されている劣化したタイルを撤去していきます。

工事前の写真の様なアプローチの側面だけでなく

床面のタイル複数にも劣化が生じていた為、撤去しました。

撤去の際は、写真の通り下地が削れてしまう事もあります。

下地が平らでないと、仕上げに貼るタイルも不安定な状態になります。

耐久性や仕上げの美観を保つ為、

タイルを貼る前に下地と同じモルタルで補って平らに整えます。

 

そして新たなタイルを貼り付けます。

既設されているものと同じタイルを貼りつけていきます。

貼り付ける際に1つでも歪みが生じると、周辺のタイルもズレていき美観が劣ってしまいます。

玄関ポーチは目に付く場所でもあるので

数ミリでも歪まない様、丁寧に貼り合わせていきます。

 

貼り付けを終えたら、目地材で隙間を埋めていきます。

目地材にはモルタルを使用しました。

モルタルはセメントが主成分ですが、砂や水を加えるので柔軟性があります。

その為、セメントよりも施工性が高くなり

今回の様にタイルや、ブロック塀などでは接着剤の役目を果たす事もあります。

表面のモルタルはふき取って、綺麗に仕上げていきます。

 

本田ブルー本田ブルー

玄関アプローチはお住まいによってデザインが異なります。
デザインによって住んでいる人のセンスを感じさせますし、
実は防犯性にも影響がある箇所です。

リフォームの際には、安全で素敵な玄関にしましょう。

濱本葉子濱本葉子

本田監督、ありがとうございました。
玄関や庭、車庫など外構についてご不満な点等ございましたら、
お気軽に弊社にご相談ください。