もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

こんにちは、藤崎です。
本日5月13日は「カクテルの日」なんですよ。
ご存知でしたか?

山根夕佳山根夕佳

こんにちは、山根です。
語呂合わせではないと思うのですが
どんな由来があるんですか?

もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

1806年、アメリカの週間新聞に「カクテル」と言う名称が記載されました。
読者から、カクテルとは何?と言う問い合わせが寄せられた事から
カクテルの定義が初めて文章化された事を記念し、
本日5月13日が「カクテルの日」と制定されたそうです。

山根夕佳山根夕佳

カクテルと聞くとお洒落なイメージがありますが
200年以上も前からあるお酒なんですね。
先日、お客様から「外壁の繋ぎ目にひび割れがあるから、一度見に来て頂けませんか?」
とご依頼頂き、東広島市でシーリングがひび割れた外壁の修理診断を行いました。

拝見したことろ、外壁に使用されている

シーリング材にひび割れが見られました。

また、外壁を触った際に白い粉が付着しました。

今回のお住まいには、サイディング外壁が使用されていました。

薄い板状のサイディングボードという外壁材を

建物の骨格に合わせて貼って施工される外壁材です。

サンディングボード同士の間には、隙間が出来る為

その隙間はシーリング材で埋められます。

シーリング材には、ボードやパネルを貼り合わせる際の接着や

隙間を埋めて雨水の侵入を防ぐ機能があります。

また、地震や建物の揺れを吸収するクッションとしての役割もあります。

 

シーリング材は日々、紫外線・雨風に晒されています。

初めは柔らかかったシーリング材も、月日が経つにつれて硬化し

今回の様にひび割れなどの劣化症状が発生します。

ひび割れをそのまま放置してしまうと、雨水が侵入し

外壁内部に施工されている防水シートの劣化を促してしまう為

最終的に雨漏れを引き起こす危険性があります。

 

また、外壁を触った時に白いチョークのような粉が付着する事を

チョーキング現象と言い、外壁に使用されている塗料の機能が

低下しているサインです。

 

外壁の耐用年数は約20年~30年と言われていますが、

シーリング材の耐用年数は約5年~10年と、外壁材に比べてとても短いです。

もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

雨漏れからお住まいを守る為にも
定期的なメンテナンスを心掛けましょう。

山根夕佳山根夕佳

藤崎部長、ありがとうございました。
外壁・屋根でお困りの事がございましたら
弊社へご相談ください。