ハイボール竹本ハイボール竹本

こんにちは、ハイボール竹本です。
今日は冬至です。
1年で最も昼が短く、夜が長い1日になりますね。

山根夕佳山根夕佳

こんにちは、山根です。
夕方、暗くなるのが早いなと思っていましたが
これからは徐々に昼が長くなっていきますね。
今夜はゆず湯に浸かって、疲れを癒すのも良いですね。
今回は、東広島市でスレート屋根塗装工事を行いました。

工事情報

工事内容:スレート屋根塗装工事
築年数:15年前後

【工事前】

工事の様子

今回は写真の通り、スレート屋根が全体的に色褪せ、

所々でひび割れが入っている箇所も見られました。

 

スレート屋根は、表面に必ず塗装が施されています。

美観の為だけでなく、その塗膜によって雨水を弾いているのです。

しかし、長年紫外線を浴び続けて塗膜が劣化すると

水を弾かず、吸収する様になっていきます。

水を吸収し続けると屋根材は次第に脆くなり、今回の様にひび割れや欠けが発生します。

ハイボール竹本ハイボール竹本

ひび割れや欠けが発生した箇所から
雨水が入っていき、雨漏れを引き起こす恐れがあります。
見つけたら、そのままにせず
専門の方に相談しましょう。

山根夕佳山根夕佳

今回は、スレート屋根塗装工事の様子をお伝えします。

 

仮設足場・飛散防止ネット・周辺に養生をし、工事開始です。

まずは高圧洗浄機を使って、屋根に付着している汚れを洗い流していきます。

高圧洗浄機の水圧はとても強力です。

屋根材の劣化が著しい場合は、更に劣化させる恐れがある為

高圧洗浄が行えず、屋根材を交換する葺き替え工事が必要になります。

工期やコストなど負担も大きくなる為、なるべく軽症な内の補修を心がけましょう。

 

続いて、ひび割れた部分を補修していきます。

ひび割れに補修材を充填して接着させていきます。

屋根材の補修後は、塗装の下準備を行います。

写真の様に、タスペーサーという部材を屋根材の隙間に差し込みます。

塗装によって屋根材同士がくっつき、

雨水を排出する為の隙間を確保する為の工程です。

 

そして、塗装の工程に入ります。

まず最初に下塗りを行います。

アレスダイナミックシーラーマイルド」という塗料を塗っていきます。

劣化した屋根材は、表面が傷んで脆くなっています。

屋根材に深く浸透して、内側から補強する効果のある塗料です。

ローラーなどを使用して隅々まで塗っていきます。

 

下塗り塗料が乾燥したら、仕上げの中塗り・上塗りを行います。

中塗り・上塗りの工程では原則、同じ塗料を用いて重ね塗りを行います。

そうする事で頑丈な塗膜が作られ、色も濃くはっきりと綺麗な外観になります。

「アレスダイナミックルーフ」という塗料を使用します。

強力なウレタン結合によって、より頑丈な塗膜が形成される為

耐久性に優れており、強力な紫外線からも屋根材をしっかりと守ります。

棟板金や破風など周辺の塗装も行い、仕上げていきます。

 

ハイボール竹本ハイボール竹本

スレート屋根の耐用年数は
一般的に約20年から30年程と言われていますが、
途中で何もメンテナンスをしなければ、
もっと劣化スピードが上がり、耐用年数も短くなってしまいます。
約10年を目安に、塗装によるメンテナンスを行いましょう。

山根夕佳山根夕佳

竹本所長、ありがとうございました。
スレート屋根以外にも、瓦屋根や金属屋根など各種対応しています。
お気軽にお問い合わせください。