梅田グリーン梅田グリーン

こんにちは、梅田グリーンです。
そろそろ花粉が気になる時期ですね。
花粉の飛散量は、前年の春の飛散量と夏の気象条件が大きく関係しているそうです。
今年の広島県での飛散量は、前年よりは少なめと予想されています。

濱本葉子濱本葉子

こんにちは、濱本です。
私も花粉症なので、もうそろそろ飛び始めるかなと不安になっていました。
去年より少ないとは朗報ですね。
しかし、慢性化しないように気を付けたいと思います。
今回は、東広島市で倉庫の庇取り付け工事を行いました。

工事情報

工事内容:庇取り付け工事
築年数:3年前後

【工事前】

工事の様子

今回は、倉庫に庇(ひさし)を取り付けてほしいと依頼を頂きました。

庇とはどの部分を指すかご存知ですか?

主には、窓などの開口部の上に取り付けられる小さな屋根を表し

設置する事で庇の下が雨風などから保護され

有効活用できるなどのメリットもあります。

梅田グリーン梅田グリーン

今回は、既存の軒よりも広いスペースを
活用させたいとの事で、軒よりも大きな庇を取り付けました。
倉庫での作業中、不便に感じる箇所などございましたら
一度、専門家に相談してみましょう。

濱本葉子濱本葉子

今回は、庇取り付け工事の様子をお伝えします。

養生を施し、工事開始です。

まずは、庇を支える構造体を木材で組んでいきます。

こちらが庇の下地を全て組んだ状態です。

今回は、既存の倉庫と合うように木材を使用しました。

庇は建物全体から考えると、小さな箇所ですが

異なる素材を使うと違和感が出てしまいます。

基本的に庇は、建物に合った素材が使用されます。

例えば、モルタル外壁の住宅であれば、骨組みを組んだ後

モルタルで下地を形成し、表面に塗装を施したり

骨組みの上から軒天材を貼り付けるなどの施工をします。

素材は重量も異なる為、建物の耐久性なども考慮し、調整します。

 

そして、屋根材を取り付けて仕上げます。

今回は、ポリカーボネート波板を使用しました。

ポリカーボネートとは、数種類ある波板の中でも

近年主流に使用されている素材です。

かつて主流であった塩化ビニル波板と比較しても

柔らかく加工しやすい上に、強度が20倍以上あると言われています。

今回のような屋根だけでなく、倉庫などの壁材としても多く使用されています。

また、倉庫に置く物を紫外線によって劣化させたくない場合は

紫外線を通しにくい加工がされている、ポリカーボネート波板もあります。

用途に合った素材を選ぶようにしましょう。

梅田グリーン梅田グリーン

お住まいや倉庫は建ててから数年経つと
新築時には考えなかった必要性が出てくる事もあります。
利便性に満足できるような空間を、リフォームによって実現させましょう。

濱本葉子濱本葉子

梅田監督、ありがとうございました。
お住まいや倉庫について、お困りごと等ございましたら
お気軽にご相談ください。