三分オレンジ三分オレンジ

こんにちは、三分オレンジです。
「湘南」は海水浴の名所で、多くの人が憧れる場所です。
地名は元々、相模の国の南部と言う意味から「相南」と略称されていました。
しかし中国の湖南省に湘江(しょうこう)と言う河があり、
景勝地として素晴らしいと有名で、その土地が「湘南」と呼ばれることから
その地名にあやかり、さんずいを付け「湘南」とされたそうです。

山根夕佳山根夕佳

こんにちは山根です。
よくテレビなどでも耳にする地名ですよね。
1度海水浴にも行ってみたいですね。
今回は、東広島市で屋根のカバー工法を行いました。

工事情報

工事内容:屋根カバー工法
築年数:25年前後

【工事前】

工事の様子

今回は、屋根のU瓦に苔が生え、全体的に汚れて黒ずんでいる状態でした。

屋根は建物の一番上にある為、雨風や紫外線が当たりやすく

お住まいの中で最も自然環境の影響を受ける場所です。

三分オレンジ三分オレンジ

こちらのお住まいの屋根のように
苔が生えているのは、表面を保護する塗膜が劣化し
屋根材自体の防水性が低下しているサインです。
雨漏りの原因にも繋がるので一度専門家に見てもらいましょう。

山根夕佳山根夕佳

今回は、屋根のカバー工法の様子をお伝えします。

 

シートで養生を行い、工事開始です。

まず、U瓦を全て取り除きます。

 

次に、新たなルーフィングを設置しますが、

既存の貼ったルーフィングは剥がさずそのままの状態にし

上から貼り付けていきます。

ルーフィングは屋根材の下に敷く「下葺き材」で、

屋根材から漏れてきた雨水を防ぐ防水シートの役割があります。

屋根材は月日の経過と共に劣化していき

ひび割れなどが生じる事もあるので、

屋根材のみで雨漏れを十分に防ぐことは困難です。

台風などで雨風が強い場合に、万が一隙間から雨水が入ったとしても

ルーフィングが最後の砦として内部への侵入を防ぎます。

 

今回は「ゴムアスルーフィング」を使用しました。

主な原料は、道路の舗装にも使用されているアスファルトで、

フェルトや布・紙等にゴムや繊維などを融解させ染み込ませて

厚さ約1mmに仕上げたルーフィングです。

アスファルトの性能をさらに強化させ、耐久性・耐水性共に優れています。

三分オレンジ三分オレンジ

ルーフィングを設置する際には、雨水が流れる勾配と同じ向きに
屋根の軒先から棟に向かって重ねていきます。
流れと逆目になると建物の内部に雨水を招き入れ、雨漏りの原因になります。

ルーフィングの貼り付けが完了したら、垂木で棟の芯を設置します。

浮いたりしないようにしっかりと固定します。

この後、屋根材を設置していきますが

その様子は②でお伝えします。

 

三分オレンジ三分オレンジ

ルーフィングは屋根材の下に隠れてしまう為
普段は中々、目にする機会がありません。
その分劣化していても気付きにくい箇所です。
定期的に状態を確認し、綺麗な状態を保ちましょう

山根夕佳山根夕佳

三分さん、ありがとうございました。
屋根に関するお悩み事はお気軽にご相談下さい。