阿部でございます阿部でございます

こんにちは、阿部でございます。
寒くなるとエアコンを付ける機会も増えるのではないでしょうか?
エアコンは小まめにフィルターの掃除をする事で
電気代を節約する事ができます。

寺本園子寺本園子

こんにちは、寺本です。
埃や汚れも気になりますし、今のうちにフィルター掃除をしましょう。
今回は、東広島市で棟の積み替え工事を行いました。

工事情報

工事内容:棟積み替え工事
築年数:20年前後

【工事前】

工事の様子

今回は瓦屋根の棟の漆喰が写真の様に剥がれ、

全体的に棟にズレや歪みも生じていました。

棟は、のし瓦を何段も重ねて形成しており、

強風や地震、地盤沈下を繰り返す事で徐々にズレていきます。

阿部でございます阿部でございます

棟の歪みは雨漏りを引き起こす原因となってしまいますので
早めの補修を心掛けましょう。

寺本園子寺本園子

今回は、棟の積み替え工事の様子をお伝えします。

 

シートで養生をし、工事開始です。

まずは、既存の棟を撤去します。

この時に漆喰や赤土なども一緒に撤去し、まとめてから屋根から下ろします。

 

次に、ルーフィングと呼ばれる防水シートを貼り付けて

瓦を引掛けるための桟木(さんぎ)を設置します。

新たに積む棟に合う様、瓦を設置して隙間を調節していきます。

 

瓦の差し替えをしたら、シルガードを乗せてのし瓦を積みます。

シルガードとは、屋根瓦専用の南蛮漆喰です。

通常の漆喰に強度が高くなるように

シリコンなどが含まれ、耐久性や防水性に優れています。

シルガードは多く塗布してしまうと棟からはみ出し

漆喰の劣化や雨漏りの原因となる為、適量を専用のコテで整えていきます。

土台が完了したら、同じ作業を何度か繰り返し、積み上げていきます。

 

のし瓦を積み終わったら、半円状の冠瓦をのせます。

地震等などで崩れないよう、同線で瓦を固定して仕上げていきます。

 

のし瓦を使った棟の積み替え工事では、

赤土を土台としてのし瓦を設置し、漆喰を塗布する工事が主流でしたが

現在では赤土の使用はせず、シルガードのみでの施工をしています。

阿部でございます阿部でございます

今回、お客様のご要望にお応えし
のし瓦の施工を行いましたが、
近年ではのし瓦を積まない強力棟も注目されています。
シンプルなデザインにはなりますが、災害に強くお住まいの耐久性も高まります。

寺本園子寺本園子

阿部さん、ありがとうございました。
様々な施工方法がある為、お住まいに合った施工方法を専門家と相談をしましょう。
屋根で気になる事がありましたら、弊社へご相談ください。