本田ブルー本田ブルー

こんにちは、本田ブルーです。
夏の人気商品となっている「携帯用扇風機」ですが
充電中に発火する事故が発生しているそうです。
不要になって廃棄する場合にも、ゴミ収集車の中で
バッテリーが壊れて火災する危険性もある為、
一般ゴミとして捨てないように呼び掛けられています。

山根夕佳山根夕佳

こんにちは、山根です。
街を歩いていても使用している方を多く見かけますよね。
しっかり安全性を確認して使用しましょう!
今回は、東広島市で瓦屋根の葺き替えを行いました。

工事情報

工事内容:瓦屋根葺き替え工事
築年数:35年前後

【工事前】

工事の様子

前回、既存の瓦や下地材を撤去し、新しく野地板を設置した屋根の

葺き替え工事を行いました。

前回の記事はこちらです

本田ブルー本田ブルー

瓦屋根は約20~30年を目安に葺き替えを行う事で
建物全体を長持ちさせる事ができます。
どれほど丈夫な瓦を使用していてもメンテナンスは必要です。
瓦の耐用年数と屋根全体の耐用年数はイコールではない為
注意しましょう。

山根夕佳山根夕佳

今回は、瓦屋根の葺き替え工事の様子をお伝えします。

 

設置した野地板の上から

ルーフィング(防水シート)を貼り付けていきます。

ルーフィングの主な役割は防水です。

屋根材だけでは雨水が屋根内部に侵入しやすく

雨漏りなどの劣化を招いてしまいます。

どのような屋根材が使用されていても、ルーフィングがなければ

防水機能を発揮する事はできません。

工事後は見えなくなってしまう部分ですが、

屋根には無くてはならない建築材料なのです。

 

ルーフィングの設置が完了したら

瓦を葺く為の桟木(さんぎ)を固定していきます。

桟木とは、瓦を引っ掛けて固定する為の木材で

屋根に使用する為、耐久性が必要です。

 

最後に瓦を葺いていきます。

瓦にズレがあると雨水の侵入経路を作ってしまう為

必ず瓦が真っ直ぐ設置されている事を確認し、工事完了です。

 

本田ブルー本田ブルー

ルーフィングの耐用年数は約20年と言われています。
20年以上メンテナンスをしていないお住まいもあると思いますが、
もし、気が付かない内に下地まで劣化してしまうと
建物全体の耐久性が低下し、重症化する可能性があります。
被害が拡大すると、補修箇所も増えてしまう為
雨漏りなどの症状が見られなくても定期的な診断を行い、
お住まいの安全性をチェックしましょう。

山根夕佳山根夕佳

本田監督、ありがとうございました。
屋根は雨漏りが起こりやすい箇所なので
定期的なメンテナンスが大切ですが、
災害後は特に注意が必要になりますね。
屋根に関するお悩みは弊社にお問い合わせください。