廿日市市のペットリフォーム

ペットリフォームで最も大切なのは「床」です。

一般的に良く使われている合板のフローリングで
犬が足を滑らせて腰や股関節を痛める話をよく聞きますが

これは人間で例えると
「人が氷の上に立っている」ようなものです。

 

しかし、猫と犬の肉球は、グリップ力が違うので
求められる床材の機能が違うので、注意が必要です。

 

犬の肉球は?

犬の肉球は、ザラザラしていて分厚く丈夫です。
犬の祖先は、オオカミで外で走りまわれるようになっています。
子犬のころは肉球も柔らかいですが
お散歩が増えてくる頃から、丈夫な肉球に変化していきます。

廿日市市ペットリフォーム

 

猫の肉球は?

一方、猫の肉球は、薄くてツルツルしています。
薄くてツルツルの肉球は、忍び歩きや
顔周辺の手入れにはもってこいの機能を持っています。

 

犬に適した床とは?

滑り止めの為に

フローリングの上にカーペットを敷くと、確かに滑りませんが
抜け毛がからみやすく、ノミやダニの温床に
なりやすくなります。

欧米でよく見られる、タイル敷きのフロアは
犬を飼うのに適していて、滑りにくく掃除も簡単です。
夏場にひんやりとした体感を得られる点でも
犬が心地よく過ごせる床材です。

 

猫に適した床とは?

では、猫に適している床を考えてみましょう。
犬ほど足を滑らせませんが
嘔吐する事が多いので、衛生面を考えて
フローリングの上にクッションフロアを敷くのが適しています。
撥水性があるので、お手入れも簡単です。

廿日市市の猫用フロア

 

フローロリングのまま使いたい時は?

カーペットやクッションを敷かず
フローリングのまま部屋を使いたい時は
ペット床フローリングへのリフォームという手があります。

種類が豊富で、傷や変色にも強いので
賃貸であっても一考の余地があります。

ペットの健康を考えて
床材のリフォームにチャレンジされる方は
是非、事前にご連絡いただければと思います。

弊社はペット飼っている社員が多く

ペットに特化した「ペットリフォーム」大相談会を

開催するなど、最適なリフォーム情報が満載です。

一度、ペット情報をチェックするだけでも楽しいですよ。

 

ペットリフォームリノベーションお問い合わせ