マンションはどこまでリフォームできるのか?

マンションは個人の専用スペースである専有部分と、住人全員で共有する共用部分があります。 このうちリフォーム出来るのは、専有部分だけで、共用部分についてはリフォームできません。 専有部分と共用部分の線引きは、マンションの管理規約や使用細則などに記されているはずです。 お客様からのお問い合わせで多いのが、「ベランダ」についてです。 ベランダは万が一の避難通路になっていることが多く、原則としてリフォームできない場合が多いです。 玄関ドアやサッシは、マンションデザインの一部であり、自分の好みにリフォームできない場合も多いです。 間取りの変更や、内装リフォームの場合は、問題ありませんが、キッチンや浴室などの水まわりの位置を大幅に変更する工事や、床暖房の設置などによる電気の容量が数倍にも増すような場合は、事前調査や相談が必要不可欠です。 マンションによっては、騒音に配慮して床材などの素材や仕様が限定されている場合もあります。 工事をする時の連絡先や、材料を運ぶ際の養生(ビニールシートのかぶせ方)についても指定しているマンションがあります。 いずれにしても管理規約のリフォームに関する事項を必ず確認して、マンション管理組合に事前に届け出る準備が必要です。

大規模リフォームでも住みながら工事できるのか

御客様と会社との相談にはなりますが、住みながらでも可能です。 ただし、その分工事の日数が延び、費用は上がる事が多いです。 マンションのリフォームは、管理規約も絡み、難しいことも多いので 専門家を交えて考える方が効率が良いです。 どんな小さなことでも、ご連絡頂ければと思います。 マンションリフォームリノベーションお問い合わせ