住まいの「動線」が大事!とは、よく言われますが、そもそも動線とは一体何なのでしょうか? 動線と一言でいっても「生活動線」「家事動線」など動線にもいくつかの種類があります。 その中でも、家事動線を重要視し、間取り選びのポイントとしている方は多いです。 家事は毎日の事で、効率的かどうかで、ゆとりある暮らしに影響を及ぼすからです。 ただし、動線だけにこだわった間取りをすると、快適さが損なわれてしまいます。 効率化と快適性は、絶妙のバランスが必要で、どちらかが欠けても良い間取りとは言えません。

動線の出し方

動線を出すには、間取り図の中に線を引く方法が一般的です。 「料理をする」「洗濯する・干す・たたむ」「買い物の食料等を片付ける」など、一連の動きをする線を間取り図に引いてみて下さい。 動線を引いた結果は、どうでしたか? 曲がりくねっていたり交差する箇所があったら そこが「効率を下げる」箇所です。 何度も同じ場所を行き来するなど無駄な動作が生じている場所になります。 この動線を整理整頓して、シンプルにすることが効率を上げるポイントです。 動線はシンプルが基本!と覚えましょう。 台所などの作業スペースは、一筆書きで単純線を書くと良くわかります。 新しいキッチンを思い起こしてみて下さい。 上下運動の少ない横移動であったり、行ったり来たりしなくても家事が終わるよう直線的に動ける様になっています。 収納スペースも同様に、シンプルに動けるよう工夫するだけで随分改善されます。 近年の傾向として、作業スペースをつなげた設計は人気があるように思います。

動線を活かすために大切なのが「空間づくり」

床に余計な物を置かないようにするだけで、動線が生きてきます。 その為に、収納スペースを確保したり、上手に使う必要が出てきます。 収納スペースを確保してある家は、全体が見渡せ、余裕のある空間づくりの家になります。 死角がないというのは、子供やペットなどの様子を、たびたび見に行ったり、お母さんの手を止める時間は激減します。 そうは言っても、物事をシンプルにしようとする時は、必ず複雑な作業が伴います。 その家ごとで優先するものを決定するのが良いでしょう。 シンプル化は本当に難しいので、他の要素をないがしろにすると、水回りの配置がアンバランスになってしまったり、当初の予定より工事費用がかかってしまったり、人の往来が多すぎてリビングでくつろげなかったり、イメージからほど遠い間取りになってしまいます。 ご自身のライフスタイルを考え、どの動線を優先するかを決めることが必要です。 それでも「何を優先したら分からない」方もいらっしゃるでしょう。 そこで、違う角度から快適な間取りの為のポイントを考えてみます。

住まいの最優先項目

ご自身の生活の中で、ペットとの生活であったり、ホームパーティであったり、育児であったり、欠かせないものを思い切って、イメージの中心に据えてしまう方がスピード感を持って考えがまとまります。
生活リズム
日々の暮らしの中で、朝が早かったり、深夜に動くなど、家族の生活リズムが同じでない場合があります。そういった時は、休養がしっかりとれるように活動空間と寝室の場所に工夫をすると満足感が向上します。 逆に、家族が同じ時間に起きる生活リズムならば、廊下を広く取って混雑を回避すると快適性が得られます。 ホームパーティが多い家なら、生活感のある洗濯もの等が遮られる工夫が適しています。 また、洗濯機と洗濯物を干す場所が離れていると、それだけで動線が長くなります。 作業スペースは、繋げるのが定番です。

理想的な快適間取りって?

動線を考えて間取りを見ると、普段は考えていなかった間取りが見えてきたと思います。 そこにライフスタイルを組み合わせて考えていく事で理想の快適間取りに近づきます。 生活スタイルは、三者三様であるように、最適な間取りも人によって違います。 あなたが納得の快適生活を送れる事を、心から願ってやみません。 ご不明な点があれば、遠慮なくご連絡下さい。 広島県の耐震リフォームリノベーションお問い合わせ