広島県の地震

日常生活の中で、屋根の事を気にかけて生活することは少ないと思います。
屋根工事と言うのは、素材によって工事規模の大小があり
最も大規模な屋根リフォームが、「屋根の葺き替え工事」です。

今までは、「屋根の葺き替え」というと老朽化した屋根を葺き替えるイメージが強かったのですが、最近では耐震対策として重い瓦屋根からガルバリウムの軽い屋根に葺き替える方が増えています。

地震の揺れは、地震の大きさだけでなく、家屋の重心の位置も重要です。
屋根が重く、重心が高いと、それだけ安定感は失われ
大きな横揺れが生じてしまいます。
マンションの高層階と1階を、思い浮かべて頂くと
分かりやすいと思います。
地震の横揺れ

 

瓦屋根から金属屋根への葺き替え

広島のガルバリウム屋根工事
金属屋根には、多くの種類があります。
近年一般住宅で多く使われている「ガルバリウム屋根」
工場や倉庫などで多く使われている「トタン屋根」
非常に高価で住宅にはあまり使用されていない「ステンレス屋根」
神社仏閣で使われる事が多い「銅屋根」
浅草寺などで使われている「チタン屋根」
などです。

特徴は
カラーバリエーションが豊富で、曲面の屋根にも対応できる事から注目度の高い屋根が金属屋根です。
重さの目安としては、同じ広さであれば、金属屋根は瓦屋根の約10分の1程度に抑えられるので重心の位置は随分下がり安定感が増します。

金属屋根は、瓦と違い、一枚一枚積んでいかないので
地震の際、落下する危険性や、強風で飛ばされる心配がないのも嬉しいポイントです。
また、古いタイプは、雨音が大きく気になっていましたが
現在の金属屋根は、消音性も優れ気になりません。
それでも気になる方は、金属板の裏に裏側に断熱を兼ねて
制振材を張り合わせる方法もあります。
弱点である遮熱性・断熱は、性能が向上したとはいえ、
やはり金属である以上、小屋裏換気、屋根通気工法で弱点を補う必要が出てきます。
屋根の色を、明るい色にして日射反射率を高くした場合、
確かに遮熱性能は高まりますが、近隣への照り返し問題があるので
専門家に相談された方がよいでしょう。

広島の太陽が反射

 

そうは言っても、やっぱり瓦が好き

 

瓦屋根にこだわる方は、今でもたくさんいらっしゃいます。

耐久性・断熱性・高級感・重厚感は、瓦屋根の大きな魅力です。

最近は、見た目はほとんど変わらないのに
強くて丈夫で、以前の半分の重量という
「ハイブリッドタイプ」の瓦があります。

ハイブリッド瓦
これだけでも、遠心力が抑えられ
耐震効果が期待できます。

詳細については、お気軽にご相談下さい。
納得のお返事が出来ると思いますよ。

広島県の耐震補強の問い合わせ