広島の外壁塗装
外壁は、見た目の印象、風雨など外部天候から
家の内部を守る役割があります。

分かってはいる内容ですが
普段の生活で毎日チェックする
箇所ではない為
何か問題が起きてから
気づかれる方が多い箇所です。

外壁リフォームと一言でいっても
種類は多数あり、それぞれに特徴があります。
壁の種類や色をちょっと変えるだけで
印象がガラリと変わり
周辺の家との差別化にもつながります。

そういった、付加要素がきっかけで
リフォームを考える方は多いと思います。

今回は、外壁自体が原因で起こる不具合と、
その改善方法であるリフォームのポイントを見ていきます。

広島の足場

外壁リフォームのポイント

一年中、雨風にさらされる外壁は、
築年数が経てば経つほど当然、劣化します。
今すぐ対策しなければいけないものや
そのうちで、大丈夫なものがあります。
ただし、下記の場合は、
放っておくと、必ずツケが回ってくるので
早めの対応が必要です。

広島の壁ヒビ補修

【外壁でよくある不具合】

広島の外壁塗装ヒビ割れが起きている
広島の外壁塗装剥がれ落ちている箇所がある
広島の外壁塗装変色がひどい
広島の外壁塗装壁を指で触ると、指先が白くなる
広島の外壁塗装コケや藻が生えている(日陰・北側)
広島の外壁塗装断熱不良で家の中が寒い
広島の外壁塗装見た印象が、何か気に入らない

外壁リフォームは、
①補修をして塗り替える

②既存の外壁を取り除いて張り替える

③既存の外壁に重ね張りする、の3種類があります。

不具合内容で対策方法は変わりますが、
最も重要なのは、外壁をどのようにしたいのか?で、
修繕のみや、外観を変えるだけ、を決定していきます。

ひび割れや色あせ

モルタル壁に、よくあるのがこの「ヒビ割れ」です。
ヒビ割れ部分に工具で溝を作り、
そこにコーキング剤を充填し、
上から再塗装します。
ただし、これからもひび割れが進むような状態の場合は
いくら補修しても、再度ヒビが入る可能性は高いです。
この判断は、見るだけで的確に判断出来ないので、専門家に見てもらいましょう。
問題は小さいほど、安価で済むので、
チェックだけは小まめに行う事をおススメします。

剥がれで落ちてしまったら大規模な補修に

先述のモルタル壁は、ヒビ割れがひどくなると、やがて剥がれ落ちます。
剥がれた部分が落下すると危険を伴うので、スピーディな判断が必要です。

一般的な補修方法は、
剥がれ落ちた部分を切り取り、その部分に
モルタルを再塗装する方法です。
ヒビ割れの範囲が広がっている場合は、
一面を作り直す必要性が出てきます。
この時に、サイディングに張り替えて
外観をオシャレに変える方もおられます。

コーキング(シーリング)の劣化

サイディングボードの継ぎ目にコーキングがされており、
窓枠との境目にもコーキングを施して雨水の浸入を防ぎます。
コーキングの劣化は、10年程度なので、
それを過ぎると既に劣化している可能性が高いです。

コーキングの劣化は、ヒビ割れが入っていたり
コーキングが浮いて剥がれたりするので
見るだけで劣化の判断がしやすいです。
内側に、防水シートが貼ってあるので、
すぐに雨漏りにはなりませんが注意が必要です。

サイディングボードは、主に釘などの金具を使って
下地木に固定します。金具は腐食に繋がる為
コーキングを補修する時に、一度確認してもらうと良いでしょう。
広島の壁塗り

藻やコケへの対応

家の北側の壁は、どうしても日照が少ない為
湿気が溜まり易くなります。
気がついた時には、緑色の藻などが付いて
見た目を悪くし、印象を下げてしまいます。
北側に限らず、日当たりが悪かったり
水気が多い場所だったりすると発生してしまいます。

藻やコケは、高圧洗浄で除去できる場合が多いのですが
同じ個所に高圧を当てすぎてしまったり
塗装が劣化すると藻やコケが発生しやすくなるため
古い家では塗り替えをおススメいたします。
抗菌性のある塗料で、藻やコケの発生を
抑える事も出来るので、詳しくはご相談下さい。

断熱性や見た目の向上

築年数が経過している家の外壁リフォームで、
断熱性を向上させようとするならば、
断熱材を入れる断熱リフォームという方法があります。
外張り断熱と呼ばれる工法の事です。
内壁側に断熱材を入れる方法とは異なり、
住みながらでもリフォームが可能です。

既存の外壁を剥がし、断熱材を入れるのが一般的ですが、
既存の外壁を残し、旧外壁・断熱材・新外壁になる
外断熱重ね張り工法を取り入れている方もおられます。
広島のオシャレな壁

モルタルかサイディングか

古い家の外壁を張り替える時は、
モルタルにするかサイディングにするかは
悩みどころです。
どちらもメリット・デメリットがあります。

モルタルのメリットは、デザイン性が高い点です。
モルタルが塗り壁だからこその利点で、
曲面にしたり、一部をタイル張りにしたり等
表面仕上げの種類も豊富です。
ここは、左官職人の腕により
ムラが生じる箇所でもあるので

信頼できる業者に頼むのが良いでしょう。

近年、よく見かけるサイディングは、
量産されたサイディングボードを繋ぎ合せていくので
品質が安定させやすく、工期が短縮できます。

ただ、遠くから見ると綺麗なタイル壁に見えても
近づいたら、偽物であると容易に気づきます。
近隣の目が気になり、外装もちゃんとしている様に見せるには
最初からモルタル一択で良いでしょう。

耐久性の評価には誤解が多い

モルタルは耐久性が低いとイメージをもたれやすいですが
モルタルはヒビ割れ、

サイディングはコーキングの劣化があり
定期的なメンテナンスはどちらも欠かせません。

まとめ

現在の新築では7割か8割がサイディングとも言われています。
外壁は、全く知らない人が目にするところで、
「あの黄色い家を…」などと言ったように、
目印になることもあります。
日常生活の中で、家の外壁を注意して見ていると
新たな発見があり、楽しくもあります。
断熱の機能性は、地域差もあるので
専門家に相談しながら進めるのが
手堅い方法と思います。

リフォームの流れ

①お問い合わせ     広島県のリフォーム お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。


②ご相談        広島県のリフォーム リフォームのイメージやご要望についてお伺いいたします。


③プランニング・ご提案 広島県のリフォーム ご要望を踏まえて最適なプランを提案させていただきます。同時に概算見積もりもご提示いたします。


④打ち合わせ      広島県のリフォーム ご提案のプランを叩き台に、ご要望にマッチしているかの方向修正を行いながらプランを固めていきます。


⑤仕様決定・詳細見積もり 広島県のリフォーム お客様にご納得いただいたプランの詳細見積もりを提示いたします。


⑥ご契約         広島県のリフォーム 工事金額確定後、工事請負契約を行います。


⑦完了         広島県のリフォーム 工事完了


⑧アフターメンテナンス 広島県のリフォーム 少しでもお困りのことがあれば、直ぐに駆けつけます。


 

お気軽にお問い合わせください。

広島県の耐震リフォームリノベーションお問い合わせ