築○○年経つけど

「いつごろ、どこに、どのくらいのお金がかかるのか」
「我が家は、あと何年くらいもつのか」

最も多く寄せられるご質問です。

弊社の家屋診断には、「有料」と「無料」の2種類あります。

有料診断は、機材を用いて細かい点までチェックするので、家屋の状態を知る判断材料としては最高レベルです。

知らない人から中古住宅を買う場合などは、有料診断が適しているでしょう。

一方、既にお住まいの住宅で雨漏りは大丈夫か?どのくらい家がもつのか?耐震性能は大丈夫か?を判断するのであれば、「無料診断」で充分です。

基本的には、機材を用いず目視チェックとなりますが、数値化しないのであれば、専門家の目視チェックで、ほぼ間違いのない診断が出来る事と、診断部位が、家の気になる場所を網羅しており、有料診断と同じ部位です。

無料診断を賢く使って、情報を集める方が、間違いのない判断が出来ると思います。

2018年4月から中古住宅売買時に、インスペクション(住宅診断)が義務化されました。

診断の方法は、目視で、屋根、外壁、室内、小屋裏、床下などの劣化状態を診断するのが基本です。

料金は、会社によって異なりますが、目視による一次診断の場合、5~6万円前後が一般的です。

機材を使用する詳細診断の場合、10万円以上になる事もあります。

 

主に目視で住宅の現状を把握して報告する、「一次診断」を病院で例えるなら、「健康診断」のレベルです。

健康診断を受けた人は、診断結果の説明を医師から受けます。

治療を必要としない場合もあれば、経過観察が必要な場合や、精密検査が必要な場合があります。

万が一、精密検査が必要になった場合に、専門的な検査器具で診る事になりますが、弊社では出来うる限り「無料住宅診断」にこだわって、費用がかからないよう取り組んでいます。

お陰さまで、屋根・外壁・耐震・断熱、白アリ、最近ではブロック塀などなど、多岐にわたる診断が口コミで増え続けており、喜びの声を聞くたびに嬉しい気持ちになります。

住宅診断に費用をかけるのであれば弊社の「一級建築士による無料住宅診断」をおススメいたします。

「もっと早く診断依頼すればよかった」が年々伸びている背景に、省エネリフォームをして高熱費を換算したら、10年で元が取れ、11年目からはプラスになりますよ、などの将来設計が家庭ごとに描ける点が影響しているように思います。

少しでも疑問がございましたら、お気軽にご連絡いただければと思います。

自信があるからこそ、その後のしつこい営業などは、しないスタイルを貫いております。

築年数で見る住宅診断年表

築5年 広島県のリフォーム 一年中風雨にさらされている屋根を一度確認する時期です・


築10年 広島県の外壁塗装 外壁塗装の撥水効果が切れてくる時期です。


築15年 広島県の水回り工事 キッチン・トイレ・お風呂など水廻りに不具合が出てくる時期です。


築20年 広島県の白アリ対策 床下の白蟻(シロアリ)・内装の床クロスなど、土台・給排水管の腐食・破損が出てくる時期です。


築30年 広島県のリノベーション 住まいの耐用年数を確認。増改築レベルでの見直しが必要な時期です。

 

一級建築士による無料住宅診断の流れ

①お問い合わせ 広島県のリフォーム お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。(日時の決定と、気になる箇所を教えて頂きます。)

②現地調査   広島県のリフォーム 一級建築士が訪問し、現地で調査をさせていただきます。

③診断内容報告 広島県のリフォーム 現在の状況を写真や弊社で作成した資料をもとに、分かりやすく説明させていただきます。

        広島県のリフォーム 少しでもお困りのことがあれば、直ぐに駆けつけます。

広島の屋根修理のお問い合わせ