広島の外構工事

 

外構の失敗は新築時が多い

台所やお風呂場など、
家の内部は、細部までこだわる方なのに
外構は「車がおければOK」と
考えてしまう方は多いです。

外構は、道路に面しているので、
後からリフォームするのは大変です。
使いづらさが日に日に募っていきます。
失敗しない為には、外構まで
しっかり考える事が大切です。

外構の失敗例とその対策

最も多い失敗は

駐車場が不便

もう少し駐車場が広かったら・・・

駐車場整備推進機構は、
戸建て住宅で必要な車庫の
広さを、以下の基準としています。

小型自動車
奥行き5.0×幅2.6m以上

軽自動車
奥行き4.0×幅2.2m以上

普通自動車・大型自動車
奥行き5.9×幅2.9m以上

車椅子の方がいる場合
奥行き6.0×幅3.5m以上

※前面の道路に対して直角方向に駐車する場合の数値です。

立地(建物の場所や道路の状態)によって、
さらに余裕を持った駐車スペースが良いでしょう。

家とカーポートの距離が遠いと
雨天の時に、濡れてしまいますし
2台以上の車を縦に配置して
入れ替えが面倒。
というケースもあります。
駐車場は、広さと設置位置の
確認が必要です。

駐車場にコンクリートを使い
コケが増殖し後悔される方もいます。
駐車スペースの地面は、高価になりますが
タイルがおススメです。
難しい場合は、一部に使用するだけでも
違うので、詳しくはご質問下さい。

子供さんの自転車スペースを
玄関にしたものの、毎回の出し入れを
実際にやってみると、「大変」という声も多いです。

塀と門扉をつければ良かった

門扉や塀は、費用がかさむため、
削る方がおられます。
しかし、防犯上の観点からも
不法侵入を防ぐには、門扉や塀は必要です。
家族のプライバシーを外から守るためにも、
後付けする場合は、目隠しフェンスがおすすめです。

ウッドデッキがデッドスペースに

ウッドデッキで、バーベキューをするなど
憩いの場として人気の設備です。

最低でも6畳以上あれば、
広々と過ごせますが、
小さなウッドデッキであれば
デッドスペースになりやすく
付けない方が良かった
というケースも多いです。

ウッドデッキは、安い素材にしたせいで
メンテナンスが大変だった、というケースも
多いので、樹脂や人工木、ウリンやイペ、
屋根付き、などを
チェックされるのが良いでしょう。

立水栓は便利

広島の立水栓
外から帰ってきたペットの足を
洗ったり、庭に水をまいたり
何かと便利なのが立水栓です。
ポイントは、設置場所で
「長いホースを使うからここでいいや」
というのは、後から苦労する事が多いです。
できれば、駐車場の近くに設置してあると
便利です。

コンセントは便利

コンセントは室内でも
位置や数で、使い勝手の
善し悪しを感じる事が多いですよね。
屋外コンセントは一般的に、
住宅の間取りが決定した後、
電気工事の打ち合せの際に
決めていきますので、
この時点までに外構の
イメージをしておけば大丈夫です。
車で帰宅し、玄関までの明りを必要と
するのが駐車場で、玄関付近に
夜間照明を設置される方もいます。
バーベキュー好きなら
庭やバルコニーにコンセントが
必要ですよね。
また、窓を開けたまま
車内に掃除機をかけずに済みます。

思っていたよりも暗い

住んでみて始めて分かるのが
夜間の暗さです。
暗い住宅の防犯性は、低下します。
子供さんや女性が多いお宅なら
なおさら心配です。
夜でも明るい家は
セキュリティも上がるので
照明プランを大切にしましょう。

ガーデニングができなくなった

新しい家は、芝生やガーデニングを
したくなる方が多いです。
芝生やガーデニングは、人気がありますが
1年後に世話が出来なくなり
撤去リフォームを
依頼される方が多いんです。
木が育ち過ぎて、光が入らなくなったケースから
枯れ葉が多くて、近隣と揉めるケースもあります。
木は成長すると、根を大きく張るため
引きぬけなくなって、対応に困る方も多いので
ご注意ください。
ガーデニングに関しては
香りがよくて、最初は良いのですが
害虫が、つきやすいので
虫嫌いの方には、おススメできません。
オシャレに工夫したいという方は
タイルや玉砂利を敷いてみるのが
良いかもしれませんね。

草むしりは大変

雑草は、いくら頻繁に
草むしりをしても解決できず
苦労されるケースもあります。
砂利を敷く前に、土の上に必ず
防草シートを載せてみてください。
完全に雑草が生えなくなるわけでは
ありませんが、大幅に軽減できるはずです。

雨に濡れると滑るアプローチ

雨に濡れると、滑りやすくなる床材は
高齢者の転倒事故を誘発します。
事故後に、リフォームを依頼される方も多く
ノンスリップ加工されたタイルを使うとか、
コンクリートなら、表面を粗く仕上げてもらう等
しっかり業者と打ち合せを行い決定しましょう。

転倒多発のアプローチ階段

高齢の方が、アプローチ階段で、
転倒する事故は多発しています。
手すりやスロープの設置がベストでしょう。
階段は、段差・段数・段幅をみますが
一般的に、人が昇降しやすい
段の高さは20cmです。
段数は、少ないに越したことはありませんが
段数を減らす為に、段差が高くなるのは危険です。
段の踏み面に足全体が乗る為にも
階段サイズも重要になります。

外構工事は、どうしても費用が、かさみます。
出来るだけ安く、という気持ちはわかりますが
後悔しない外構を作る方が良いですよ。

どんな小さな事でも、
ご不明な点があれば、お問い合わせください。

外構リフォームの流れ

①お問い合わせ     広島県のリフォーム お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。


②ご相談        広島県のリフォーム リフォームのイメージやご要望についてお伺いいたします。


③プランニング・ご提案 広島県のリフォーム ご要望を踏まえて最適なプランを提案させていただきます。同時に概算見積もりもご提示いたします。


④打ち合わせ      広島県のリフォーム ご提案のプランを叩き台に、ご要望にマッチしているかの方向修正を行いながらプランを固めていきます。


⑤仕様決定・詳細見積もり 広島県のリフォーム お客様にご納得いただいたプランの詳細見積もりを提示いたします。


⑥ご契約         広島県のリフォーム 工事金額確定後、工事請負契約を行います。


⑦完了         広島県のリフォーム 工事完了


⑧アフターメンテナンス 広島県のリフォーム 少しでもお困りのことがあれば、直ぐに駆けつけます。


 

お気軽にお問い合わせください。

広島県の外交工事リフォームリノベーションお問い合わせ