広島のユニットバス
最近のユニットバスは、デザイン、サイズが豊富で
オシャレな物も多く、自分好みのバスルームを作ることが出来ます。

今回は、より快適で使い勝手の良い
ユニットバスの特徴を見ていきましょう。

ユニットバスのメリットとデメリット

使い勝手がよく、掃除もしやすいことから
最近はユニットバスが一般的になっています。

ユニットバスのメリット

断熱性が高い

ユニットバスは、空間の中に、さらに空間を作る二重構造です。
外からの空気と浴室の壁が直接接しないので、断熱性が優れています。
天井・壁・床にも断熱材を入れ、浴室内の暖かい空気が外に出る事を防いでいます。

水漏れのリスクが低い

床に継ぎ目がなく、破損しにくい作りの為、水漏れリスクが低いです。
浴室での水漏れは、集合住宅だと近隣への被害が気になってしまいます。
ユニットバスは、安全性能が高い為、マンションでは
ユニットバスが定番になっています。

使いやすい設計

脱衣所と洗い場の段差や、浴槽の高さが、またぎやすかったり、
床も滑りにくくなっているなど、様々な工夫がなされています。

掃除しやすい

ユニットバスには汚れがつきにくく、汚れがついても
落としやすい素材、防カビ素材が使われています。
排水口の形状もシンプル形状で
掃除がしやすい工夫がちりばめられています。

工期が短い

ユニットバスは、パーツを現場で組み立てるだけなので、
工期が短く、人件費が抑えられます。

 

ユニットバスのデメリット

サイズの合う、ユニットバスが見つからない事がある

基本的にサイズが決まっているので、自宅の浴室とサイズが合わず
ユニットバスが見つからないことがあります。
オーダーメイドに対応しているメーカーもありますが、
当然、費用は高くなってしまいます。

今あるデザインからしか選べない

最近のユニットバスは、色や素材のバリエーションが豊富になってきましたが、
メーカーで扱っているものの中から選ばなくてはいけません。
ハイグレードの商品でしか選べなかったり
デザインによっては、追加費用がかかることもあります。

設備の後付けは難しい

ユニットバス設置後の設備追加は、
天井や壁の解体など、大がかりな工事になります。
後付けできない設備もあります。
ユニットバス設置前に、しっかり吟味する必要があります。

広島の浴槽リフォーム

ユニットバスの床

樹脂

ユニットバスで最も使われることの多い床材です。
耐水性、水はけの良さ、滑り止め加工されていることが多いです。
デメリットは、汚れやすい点です。

FRP

繊維強化プラスチックのことです。
最近、増えてきた床材です。
ガラス繊維などが含まれているので
強度に優れ、防水性が高い特徴があります。

木製

広島の木製浴槽
在来工法では多く見ましたが、ユニットバスでは珍しいです。
木の香り、温かみのある雰囲気になるので
和の浴室には最適です。
ただし、腐食、カビ、ヌメリは発生しやすいので
メンテナンスが必要です。
カビ・ヌメリを抑える加工もあるので
自分のイメージに合ったものを選びましょう。

タイル

昔から浴室の床に使われている床材で
色・サイズが豊富で、デザイン性の高い浴室が作れます。
人気のコルクタイルは、保温性の高さが魅力ではありますが
水分が残ってしまうため、乾きにくいデメリットがあります。

ユニットバスの浴槽

形状と素材で浴室の印象がガラリと変わります。

浴槽は、和式・洋式・和洋折衷式の3種類に分けられます。

それぞれのサイズ・メリット・デメリットを見ていきましょう。

和式

深さ45~60cm、長さ120~180cm程度のサイズです。
小さな浴室に設置しやすいコンパクトタイプですが、
首まで浸かるためには膝を折って入浴する必要があります。

洋式

深さ120~180cm、長さ45cm程度のサイズです。
寝るような体勢で浸かれるくらい広いサイズですが
座ったままだと、全身でお湯を感じにくいです。

和洋折衷式

深さ60cm、長さ110~160cm程度のサイズです。
座ったままでも首まで浸かれ、
寝ても入浴できるなど、
和と洋のメリットを合体させたような浴槽です。

浴槽の素材

浴槽は肌の触れる場所ですので、心地良く感じられる素材を選ぶことが大切です。素材によって掃除しやすいのか丈夫なのかなど、特徴は異なります。それぞれの素材の特徴を見ていきましょう。

FRP

床材と同じく、ほとんどの浴槽で使用されています。
普及率が高く価格が安いです。
万が一、クラックが発生したり穴が開いても、
補修が簡単にできます。
多少の経年劣化はありますが、
塗装で新品のような状態に簡単に戻せるメリットがあります。
デメリットは、汚れがつきやすい点なので
あらかじめコーティングをする事で、ある程度は防げますが、
コーティングは、時間の経過により効果がなくなってきます。
浴槽のきれいな状態を長く保つためには、
定期的にコーティングが必要です。

人工大理石

加工しやすいため、様々な形状の浴槽を作れます。
色が付けやすいのでカラーバリエーションが豊富です。
表面は、とても滑らかで、汚れがつきにくいです。
ただし、人工大理石は天然の大理石に比べて表面が柔らかい為、
傷がつきやすい素材です。
シャワーを落として傷をつけないよう、使い方には注意が必要です。

ステンレス

金属なので、ヒビ・穴開きは、まずありません。
サビ・変色にも強く、保温性に優れています。
長期間綺麗な状態を保つことが出来ます。

ただ、ステンレスは塗装が難しく、
温度変化の激しい浴室では、塗装が剥がれやすいデメリットがあります。

ホーロー

ホーローは、保温性の高さが最大のメリットです。
金属の表面にガラス質の釉薬を焼きつけてあるので
カビが発生しにくく汚れが付着しにくい特徴を持っています。
しかし、ガラス質が剥がれると
そこからサビが発生します。
補修が難しいので、不具合が生じたら買い替えになるケースは多いです。
ホーローは値段が高く、重さがあるので、工事費は高くなります。

木製

木の温もりを感じられ、リラックス効果も高いなどのメリットがあります。
メンテナンスを怠ると腐食・カビの発生を招くので、お手入れは必須です。

タイル

耐水性・耐候性に優れ、汚れがつきにくいので、お手入れが簡単に行え保温性も高いです。
防水性の高さがウリの一つですが
FRPよりは劣ってしまいます。
タイルにクラックが入ると、水漏れの恐れがあるので安全面での不安はあります。

浴槽の設置方法

設置方法には「据え置き型」「埋め込み型」「半埋め込み型」があります。

据え置き型

広島の据え置き型浴槽
床面に浴槽を置く方法です。浴槽のデザインや色がよく見えるため、
こだわりの浴槽に、ピッタリです。
ただ、浴槽の高さは出てしまう為、
浴室への出入りには注意が必要です。

埋め込み型

広島の浴槽リフォーム
浴槽を床面と同じ高さまで埋め込む方法です。
浴槽の高さがないので、浴室が広く感じられます。
ただし、洗い場と浴槽が近いと、シャンプーの泡や汚れた水が
浴槽に入りやすいです。
浴槽の底と洗い場の床に段差があるので
小さな子供や高齢の方は、出入りが大変と感じる可能性があります。

半埋め込み型

浴槽の1/3程度の高さを埋め込み、床面から30~40cm程立ち上げて設置する方法です。
浴槽の高さを抑え、洗い場と底の段差が小さくできるので、出入りはしやすいです。

最近のユニットバスは、種類も多く選ぶだけでも大変な労力が必要です。

不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。

リフォームの流れ

①お問い合わせ     広島県のリフォーム お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。


②ご相談        広島県のリフォーム リフォームのイメージやご要望についてお伺いいたします。


③プランニング・ご提案 広島県のリフォーム ご要望を踏まえて最適なプランを提案させていただきます。同時に概算見積もりもご提示いたします。


④打ち合わせ      広島県のリフォーム ご提案のプランを叩き台に、ご要望にマッチしているかの方向修正を行いながらプランを固めていきます。


⑤仕様決定・詳細見積もり 広島県のリフォーム お客様にご納得いただいたプランの詳細見積もりを提示いたします。


⑥ご契約         広島県のリフォーム 工事金額確定後、工事請負契約を行います。


⑦完了         広島県のリフォーム 工事完了


⑧アフターメンテナンス 広島県のリフォーム 少しでもお困りのことがあれば、直ぐに駆けつけます。


 

お気軽にお問い合わせください。

広島の屋根修理のお問い合わせ