広島の耐震診断とリフォーム

日本の家を100%耐震に

家族の命の為に、
100年に1度の大地震に備える。
それが家族を地域を守る第一歩です。

耐震診断の必要性は誰もが知っています。
しかし、それが、負担になり
新たな悩みになっているのも事実です。

少しでも、その負担を軽くしたい。
その思いを胸に、問題を解決するのが
我々の務めであると考えます。

耐震等級は、3種類あります。

広島の耐震等級

耐震等級1級…一般の戸建て住宅、マンション
耐震等級2級…学校、病院など避難所の役割を果たす建物
耐震等級3級…消防署、警察署など防災拠点となる建物

既存の住居建物の多くは、耐震等級1級ですが、
戸建てで耐震等級3級の物件が急増しています。
耐震等級3級といえば「防災拠点レベル」の建物です。
背景には、阪神・淡路大震災、東日本大震災、熊本地震と、
大地震を経験する事で、国が定める耐震基準以上の
建物を求める方が急増したからです。
また、集合住宅では空室を防ぐ為の
耐震補強が増加傾向にあり、
今後ますます加速して行くでしょう。

広島の耐震診断

 

主なチェックポイント

1.建物形状

正方形のシンプルな形は地震に強い家です。
凸凹が多い家や、1階が駐車場の家は
壁がない分、強度は落ちてしまいます。
複雑な形の家は要注意です。
広島初キューブボックス

2.地盤や基礎

建物の強さだけでなく、地盤の
強度もチェックします。
昔は海・川・沼だった地域を
埋め立てた地域かどうかを調べます。
固い地盤にコンクリート造りの基礎が
揺れも小さく安心です。

3.壁の配置

四面の壁が、バランス良く並び
四隅が壁になっている家は強いと覚えて下さい。
壁のバランスが悪いと、
揺れが大きくなるので怖さが増します。

4.壁の量

壁が多ければ多いほど
耐震は上がります。
1階が全て駐車場になっている場合など
壁が少ない場合は、補強によって強い家へと
バージョンアップします。
最近では、筋交で補強した壁を
オシャレに見せる工法も人気が高まりつつあります。

5.傷み具合

家は、基礎、柱、壁の腐朽が大敵です。
屋根から床下まで、総点検しておけば
いざという時でも、慌てる必要がなくなります。
基礎を打ち、構造を補強して
築140年の古民家でも、
更に100年耐えうる家に補強が出来ます。

広島の耐壁

こんな方でも大丈夫です。

●昔の建物で図面が見つからない
●助成金・補助金が出るのかわからない
●1階が全て駐車場になっている
●他社で断られた
※補助金は、各自治体、立地場所、
用途(マンション・店舗)により異なります。

広島の倒壊家屋
これらの「困った」事は、そのまま
弊社にご相談頂ければと思います。

良くある質問の一つ
自治体の補助制度があります。
耐震等級1級への補強までは
補助金制度は、ありますが、
2級以上への補強に対しては
補助制度がありませんので、
1級への補強を考えておられる方が
対象となります。
広島の耐震診断

最後に
2階を増築したい方なら
平屋の外壁を1度取り除き
通し柱を入れる事で、
安心の改築が出来るなど
多様な工法がありますので
疑問があれば、お気軽に
お問い合わせいただいた方が
時間的なロスをしなくてすむと思います。

お客様のお悩みや心配事は
直接しっかり聞き、構造の事も
わかりやすく丁寧に説明させて頂いていますので
お気軽にご相談頂ければと思います。

広島県の耐震リフォームリノベーションお問い合わせ