大竹市のお客様から、「屋根のメンテナンスを考えている」というお問い合わせをいただき伺いました。

屋根に登って確認したところ、棟の隙間からコケが生えていたり、瓦が割れている部分がありました。

コケが生えているということは、隙間に雨水が入っているということですし、瓦が割れていると、割れた部分から雨水が浸み込みます。

   

また、漆喰が剥がれ、漆喰の下地部分の葺き土も崩れている部分がありました。

   

漆喰は、屋根を覆う瓦と棟の瓦の隙間を埋める接着剤になります。瓦自体は半永久的に使うことができますが、漆喰は経年によって劣化し、剥がれ落ちます。

この漆喰のはがれた部分から雨水が浸み込み、雨漏れの原因となってしまいます。

これ以上酷くならないよう、お気を付けください。