広島市西区のお客様から、「家の外壁塗装を考えている」というお問い合わせをいただきお伺いしました。

外壁を触って確認したところ、下の写真のようにチョーキング現象(壁を手で触ると白い粉が付く、外壁の劣化現象の一つ)がありました。

そして同じく劣化現象であるクラック(ひび割れ)も複数個所ありました。

   

外壁塗装をしていると塗膜という膜に覆われて、

雨風や紫外線から家が守られていますが、年月が経つと上記のような劣化現象が起こります。

特にクラックを放っておくと、ひび割れた部分から雨水が入り込み、内部の柱や土台を腐食させてしまいます。

そうなると塗装だけでは対応できなくなり、

様々な補修工事を行う為に高額な費用が掛かってしまいかねません。

 

細かいひび割れが出来てしまった場合は、

上から塗料を塗るだけで補修できます。

塗装でも埋まらないほどのひび割れであれば、上からシーリング材を1~2回注入します。

2回に分けることで1回目よりもさらに奥に注入することが出来ます。

状況によって使い分ける必要がありますので、

しっかりと専門家に相談し適切な修理をしていきましょう。

 

お住まいは心や身体を休める大切な場所です。

これ以上酷くならないように、お気を付けください。