廿日市市のお客様から、「先日の豪雨で雨漏れしたので困っている」というお問い合わせをいただきお伺いしました。 先日の西日本豪雨では、広島県内各地で甚大な被害を受けました。 廿日市市は直接的には大きな被害は出ていませんが、観測史上最大の雨が降ったため、屋根を伝った雨水が瓦の隙間から染み込み、天井裏を通って天井にまで達してしまっています。     雨は季節に関係なく降りますが、継続的に雨が降り続くことによって、隙間から入り込んだ雨が屋根裏に侵入し、天井へと染みてきて、天井内部の構造体等を痛める原因となります。 今は小さな雨染みでも、このまま放っておくと雨染みが更に広範囲に広がっていき、色が黒ずんできたり、変色してきたりします。そのままさらに放置していると、天井材が湿気で膨張したりカビが生えたり、雨染みが壁にまで広がって、壁紙がめくれてきたりします。 悪化してしまう前に、早期の工事が必要になります。 また、今回のように和室の天井ですと雨漏れしている部分がわかりやすいですが、洋室でクロスを貼っている部屋や、天井裏が染みている場合はわかり辛いです。 本格的な台風シーズンが来る前に、一度屋根裏を確認した方がいいかもしれませんね。