広島市安佐北区のお客様から、「外壁の汚れが気になる」というお問い合わせをいただき伺いました。

家を廻って確認したところ、チョーキング現象で手に白い粉が付いたり、クラック(ヒビ割れ)があるところがありました。

   

また、外壁がコケによって変色している箇所がありました。

   

コケはどんな場所でも根を下ろすことができ、そこに十分な湿気と栄養があれば爆発的に繁殖していきます。

新築の家は防水性が高く内部が乾燥しているのでコケが繁殖しにくいですが、年月が経つとともに防水性が下がり内部の湿度が高くなり、コケが育つ条件が整い繁殖してしまいます。

コケが生えると外壁の変色の原因になりますし、コケが生えたところが劣化して湿気を含み、湿気を含んだ影響でさらに劣化が進み建物が腐食してしまいます。

また、コケが原因でカビが発生し、それが人体へアレルギーなどといった形で影響を与えることもあります。

大切な家を守るだけでなく、自分たちの身体も守るために、早めに対処することが大事です。