東広島市のお客様から、「雨漏れしているので見に来て欲しい」というお問い合わせをいただき伺いました。

先日の豪雨で東広島市も被災しましたが、土砂崩れや土石流といった大規模な土砂災害が発生する程の大雨が降ったため、スレート瓦や釘の隙間から雨水が入り込んで、天井に大きな雨染みができてしまいました。

他にも何件も同じように、豪雨後に雨漏れでお問い合わせをいただきました。

   

   

雨漏れは放っておくと更に雨染みが広がっていき天井材が腐ってめくれたり、雨染みが壁に達し壁紙がはがれてしまう可能性があります。

更にカビが発生する可能性があり、安心できる自宅で病気になってしまいます。

酷くなる前に、早めに対処してくことが大切です。