廿日市市のお客様から、「壁紙が剥がれかけているので、直そうかと思っている」というお問い合わせをいただき伺いました。

クロスを確認すると、少しだけ剥がれている箇所もあれば、大きく剥がれている箇所もあったりと、色々な場所でクロスがはがれていることが確認されました。

   

また、クロスがはがれているだけでなく、和室の天井には雨シミが確認されました。

これはと思い屋根に登ると、屋根の漆喰がヒビ割れていた、黒ずんで剥がれていたりしていました。

それだけではなく、棟の瓦が割れている箇所もあります。

   

   

漆喰が劣化している・瓦が割れてる等屋根に不具合があると、そこから雨水が浸水して伝っていき、最終的に建物内部へ入っていきます。

クロスがはがれる原因で一番多いのが、湿気と乾燥による壁紙の伸縮です。

壁紙は湿気を含めば伸び、乾燥すれば縮み、その伸縮を繰り返すことによって壁紙が浮いたり剥がれたりします。

クロスを剥がれたまま放っておくのは、見た目が悪いのはもちろん、剥がれた部分が拡大してしまいます。

クロスにしろ、天井の雨染みにしろ、屋根の漆喰にしろ放置したままで大丈夫なものはひとつもありません。