広島市安佐北区のお客様から、「天井のボードの継ぎ目からシミが広がっている」というお問い合わせをいただき伺いました。

中にお邪魔して天井を仰ぐと、確かに目地の部分から染みが広がっている様子でした。

何もない天井裏から突然水が湧き出して、その水が天井へ染み出した、なんてことはありえませんので、きちんと原因を確認する為に屋根へ上りました。

美しい石州瓦の屋根は、瓦のずれもなく一見特に問題がなさそうに見えますが、漆喰が黒ずんでいたり剥がれかけていたり、またヒビが入っていたりと雨漏りに繋がる原因が示されていました。

   
   

何事もその結果に繋がる原因が必ずあるはずです。

今回の現地調査でも、天井のボードの目地から雨シミが広がっているという結果から、屋根の漆喰に原因があることに気付くことができたので、これ以上雨染みが広がらないようにするための対策を取ることができるのです。