広島市安佐南区のお客様から、「雨樋の中にはっぱが落ちているからきれいにしたい」というお問い合わせをいただき伺いました。 梯子をかけて上がってみると、樋の中に枯れた葉が落ちていたり、苔が生えていたりしています。 雨樋よりも高い位置に木があると、その木から落ちた葉が雨樋の中に積もります。 それだけでも雨樋は詰まってしまいますが、風で舞い上がった土ぼこりが知らず知らずのうちに雨樋に蓄積され、枯れた落ち葉が土に還り、そこから苔が生えてきてさらに雨水の通り道をふさいでしまいます。     また、雨樋の一部が歪んでいたり、金具が外れて雨樋が下がっている箇所がありました。     このままでは歪んでいるところから雨水が漏れて、下の波板に水が垂れて余計な騒音を生み出し、ご近所に迷惑をかけてしまいます。 また金具が外れている方に傾斜が傾いて、そこから流れ落ちた水が地面にたまり、その水が地面から建物の基礎に侵食してしまう可能性があります。 雨樋だからと軽く見ずに、悪いところを見かけたらすぐに対処した方がいいです。