広島県廿日市市で雨樋修理の無料診断を行いました。 雨樋は壊れたまま放置してしまうと、お住まいに様々な被害をもたらします。 まずは、雨樋の役割から説明します。雨樋は、雨水の侵入から建物がダメージ・劣化することを防ぐという重要な役割を持っています。 もし、雨樋がない場合は雨水が外壁に直に伝わってしまい、外壁内部にダメージを与え、劣化させてしまいます。 また、屋根から雨水が地面に落ちていまい、地面に溝を作るなどお住まいの老朽化を早めてしまいます。   今回のお住まいは、写真を見て頂くと分かるように雨樋が雨風や老朽化の影響で曲がってしまっています。 また、雨樋の中に土がたまっていますので、このまま放置しておくとお住まいに被害が出る可能性があります。 今回は土や泥ですが、実際には落ち葉や鳥の巣などがたまり、雨どいに詰まってしまうケースが多いです。 雨どいが詰まってしまうと、雨水が溜まった後詰まっている泥が水と一緒に跳ねてしまい、外壁を汚してしまいます。   雨樋は曲がっている等、初心者の方でも確認できる部分もあります。 しかし、雨樋の中の汚れなど、上から確認しなければ分からないこともあります。 定期的な診断をすることで、大きな被害を防ぐことが出来ます。 外出する時に、確認してみるといいですよ。