広島県廿日市市で瓦屋根の漆喰の無料診断を行いました。

なかなか屋根の上に登って確認することは難しいと思います。

今回、診断させて頂いたお客様も現在の屋根の状態に驚いておられました。

写真を見てわかるように、漆喰が欠けています。

雨や風によって漆喰は劣化してしまいます。その結果、瓦を固定する力が弱くなります。

瓦の固定する力が弱くなりますと、瓦が動いてしまい、ずれやすくなります。

また、ずれた瓦が他の瓦に当たり、瓦自体が割れたり、欠けていしまう可能性があります。

この瓦がずれた部分や剥がれ・欠けた部分から雨水が入ってきます。

雨水が入ることで、雨漏れの原因となります。

さらに、地震や強風により瓦や瓦・漆喰の欠けた部分が落下しやすくなり、危険です。

瓦が欠けている等といった状態の場合、

「漆喰の塗り替え」や「漆喰の積み直し」を提案させて頂いています。

 

近年の地球全体の環境の変化からか、異常気象が日本全域で起こるようになりました。

天気による災害の規模は以前の日本の災害規模に比べ、発生頻度も多く、災害自体も大きなものになっています。

その中で年月の経った屋根の確認・調査は大切です。

ご家族・ご近所の方々の安全の為にも、安心できる屋根の下で生活できるといいですよね。