広島県廿日市市で屋根の瓦の痛みの無料診断を行いました。

今回、お客様から

「最近の異常気象で屋根が傷んでいるかもしれないから見てほしい」

といったお問い合わせがあり、診断をさせていただきました。

早速、屋根に上がらせて頂くと、瓦が割れ、欠けている箇所を発見しました。

瓦全部が同じように欠けているのではなく、ところどころ瓦が割れていたり、ひびが入っていたりしていました。

このように瓦にダメージが出てしまうのは、強風により物が飛んで瓦に当たってしまったり、

強い風が下から吹き上げてガタガタと動いてしまうことで瓦が欠けたり、割れたりしまうといった原因が多いです。

今回は屋根全体を確認後、雨漏りをしている恐れがあったのでお家に上がらせて頂き、天井等を確認しました。

幸い雨漏れまではしていない様子だったのでよかったです。

今回のような屋根の状態の場合、瓦の塗装や葺き替えをご案内しています。

瓦の割れや欠けがあるまま放置しておくことは大変危険です。

欠けた瓦が風によって飛んでしまったり、落下し事故に繋がる可能性があるからです。

また、瓦の割れた部分や欠けた部分から雨水が入り込み、家の中に水が浸透し雨漏りする危険性もあります。

安全な環境で生活できれば安心できますね。