広島県広島市西区で玄関のタイル補強工事を行いました。 タイルは早めの補強補修工事なら、小さな工事で行うことが出来ます。 今回ご依頼のあったお住まいは、早めに確認が出来たので小規模の補強工事を提案しました。 工事前の写真です。 タイル下の木材が腐って折れてしまっています。 工事中の写真です。 今回は補強工事という事で、 木材が折れている部分に針金でしっかりと補強し、その上からモルタルを塗りました。 モルタルを塗った上から乾かないうちにタイルを敷き詰めます。 工事後の写真です。 内部をしっかりと補強したので安心ですね。 見た目も、工事をしていない箇所とあまり変わりません。   一部の補強工事の場合、工事した部分が目立たず、きれいな仕上がりになります。 タイルはお住まいを綺麗に印象づけることができ、耐久性も優れているものが多いです。 しかし、雨風等や振動、衝撃が加わると劣化することもあります。 タイルは、見えないところに劣化がある場合、なかなか判断することは難しい箇所でもあります。 その為、定期的な診断・メンテナンスをする必要となります。 お住まいを綺麗かつ機能的に見せてくれる場所があると、住んでいる方も近隣の方も気持ちがいいですね。