広島県廿日市市で屋根の漆喰の剥がれ補修工事を行いました。

工事前の写真です。

漆喰が剥がれている・崩れるなどしてしまいますと、

屋根の隙間から雨水が侵入し雨漏りなどの原因となってしまいます。

屋根の中でも漆喰は重要な部分なんです。

工事中の写真です。

古い漆喰を剥がした後、葺き土と呼ばれる下地の土を整えます。

葺き土をスプレーで湿らせ平らに整えることで、

表面のでこぼこがなくなり、新しい漆喰を綺麗に塗ることが出来るんです。

その後、漆喰を隙間なく均一に塗布します。

漆喰の量が多すぎると、盛り上がった漆喰に雨水が当たり雨漏れの原因となります。

適切な量を均一に塗るのはプロの技ですね。

工事後の写真です。

漆喰を塗布後、専用のコテなどで表面を整えます。

雨が漆喰に当たらないようしっかりと漆喰の量を整えてあげます。

漆喰が固まれば工事完了です。

漆喰を綺麗に塗り直したことで雨漏れの心配もなくなりました。

漆喰の塗り直しは個人でも出来るようなキットも販売しています。

しかし、屋根の上に上がって作業しなければならない為、

安全に行うためには専門家の方に相談し、プロの技術で適切な施工をしてもらいましょう。

秋も近づき朝晩とも涼しくなってきました。

体調管理にもお住まいの管理も気を付けておきたいですね。