広島県廿日市市で、システムキッチンの無料診断を行いました。

以前からお付き合いのあるお客様から、

「30年前に家を建ててから、一度もキッチン廻りの工事をしたことがなく、あちこち痛んできたのでそろそろキッチンを取り替えたいのですが・・・」

とのご相談を受け、診断を行いました。

お父様が建てられた時にキッチンに一番お金をかけ、思い入れのあるキッチンとのことでしたが、

30年前のキッチンはセパレートになっており、つなぎ目の部分から水が入り錆びていたり、床下に水が回ってフロアが浮いている状態でした。

   

   

キッチンを取り替える際の理由として、

  1. 排水に不具合が出て、シンク下へ水が流れた
  2. キッチンの壁のタイルが剥がれたり、亀裂が入っている
  3. 戸棚の扉がガタついている
  4. 水漏れによって床がブヨブヨしてきた

等が多く挙げられます。

また、キッチンのリフォームを考えるチェックポイントとして、

  1. 腐敗が進んでいる
  2. 頑固な汚れやカビが取れない
  3. 蛇口の水漏れ
  4. シンク下からの水漏れ
  5. 排水溝のぬめりが取れない
  6. 排水溝の詰まり・臭い
  7. 換気扇の故障や不具合
  8. 食器洗浄乾燥機やIHクッキングヒーターの故障

等を確認してみてください。

キッチン本体の耐用年数は、約10~20年程度と言われおり、キッチン機器や排水管等それぞれ耐用年数が違います。

耐用年数が超えていても使用することはできますが、使い続けることによってキッチン内が危険にさらされることもあります。

チェックポイントを参考に、キッチンのリフォームについて考えてみてください。