経営企画部 部長

田中 修二

経営企画部で取り組む戦略策定から、今後も変化し続けるお客様のニーズに

柔軟な姿勢で臨むことができる社内体制を作っていくことが、リーディングカンパニーとしての責任を果たす第一歩と考えています。

サスティナブルを追求した組織力をつけていくことで、より高いサービスレベルの実現はもちろん、全社員一丸となって、お客様や社員の笑顔の為、尽力してまいります。

 

経営企画部の魅力は何ですか?

経営企画の主な仕事の一つが、全社的な経営計画の立案と管理です。

計画を立てたら仕事が終わるわけではなく、管理の一環で事業の進捗状況などを正確に捉え、経営陣に報告しなければなりません。

取り扱い商品・サービスの需給バランスや競合他社の動向など事業を取り巻く状況は、常に変化します。

報告内容によっては、計画見直しなど、大きな経営判断が下されます。

自分の仕事が経営に大きな影響を与えるため、強いプレッシャーを感じることもありますが

その一方で、出席した経営会議で、自らの報告が重要な判断材料になった時には、大きなやりがいに変わる魅力ある仕事です。

部門間をまたいだ大型プロジェクトには、異なる部門の意見を集約してプロジェクトに反映させる難しさはありますが

経営企画スタッフは、それを円滑に行えるよう、日頃からいろいろな部門の社員とのコミュニケーションを心がけたり、部門ごとの考えや状況を頭に入れたりなどしています。

すると、結果的に、社内に幅広いネットワークを築いたり、多角的な視点で経営課題を見つめたりできるようになってきます。

そして何より、苦労してまとめたプロジェクトが、プロジェクト参加者から評価の声をもらうと、強い喜びとやりがいを感じることが出来ます。

部門横断型プロジェクトならではの喜びも感じられる、やりがいのある部門です。

 

経営企画部に必要なスキルはありますか?

中小企業診断士や公認会計士などの資格があっても、それが配属の決め手になるわけではありません。

経験が必要な部門で、下記のポイントを押さえておくと有利になると思います。

データ分析力

経営企画の核になる仕事は、経営計画の策定・管理。これらの仕事にデータ分析は不可欠です。

計画を策定する時には、自らまとめた市場予測をもとに事業部門から提出された予算を分析し、その数値が適切かどうかを検討します。

計画がスタートしてからは事業部門の予算と実績をさまざまな視点で比べて、差異が生じた理由を明確化し、対策を講じたりなどします。

データ分析は経営企画にとって必須科目といっていいでしょう。

データ分析は会計学、統計学などを学べば磨かれます。

ロジカルシンキング

ロジカルシンキングも経営企画に欠かせないスキルの一つです。

複雑に見える情報を筋道立てて整理・分析するロジカルシンキングで、企業や事業部門の課題やその解決策を抽出します。

ロジカルシンキングは、通常フレームワークと呼ばれるいくつかの考え方のパターンを使って進めます。

これらのフレームワークを解説した専門書などに目を通し、練習し使いこなせるようになると、ロジカルシンキングもスムースに行えます。

コミュニケーション力

コミュニケーション力は、職種を問わずビジネスで求められるものです。

経営企画も例外ではありません。事業部門との予算調整、立案した施策を現場で実行に移す時などは、とくに高いコミュニケーション力が必要になってきます。

相手の立場や思惑などに考えを巡らせ、配慮しながら意見を聞く一方、こちらの考えも伝え、理解を得なければなりません。

また、コミュニケーション力のひとつであるプレゼンテーション力をつけることも大事です。

経営企画は、経営陣が集う経営会議の運営を任されることもあります。

いきなり投げかけられる質問にもポイントを押さえて的確に答えたりできるレベルを目指します。